< 2009年12月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

RSS

2009年12月アーカイブ

2009/12/31

初詣のご案内

20091231-1初詣.jpg


12月31日(通常通り)
 開門 午前8時
 閉門 午後4時30分


2010年

20091231-2東大門.jpg

●1月1日(入山無料)

午前0時 開門

午前2時 除夜の鐘(鐘楼)
     先着108名様まで鐘をついていただけます。
     直接鐘楼へお越しください。

20091231-3鐘楼内部.jpg

鐘楼内部
梵鐘は、平安時代の作で重要文化財です。
妙音を出すので知られています。


午前4時 香水加持法要、本尊供養法ならびに不動護摩厳修(本堂)

午後1時 修正会法要(本堂)
     ※修正会法要は一般の方の御祈祷の受付はございません。

午後4時30分 閉門
 

●1月2日(入山無料)

午前8時 開門

午後1時 修正会法要(本堂)
     ※修正会法要は一般の方の御祈祷の受付はございません。

午後4時30分 閉門


●1月3日(入山無料)

午前8時 開門

午後1時 修正会法要(本堂)
     ※修正会法要は一般の方の御祈祷の受付はございません。

午後4時30分 閉門


●1月4日

鏡開き


*元旦より、本堂にて破魔矢の授与があります。

*また、同じく元旦より、
「紫式部開運おみくじ」を設置します。
紫式部にゆかりのある石山寺ならではのおみくじです。
初詣の記念にいかがでしょうか。

石山寺へのアクセスはこちら


------------------------------------------------------------
初詣のお問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
------------------------------------------------------------
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
------------------------------------------------------------

2009/12/30

迎春準備(その5 お飾り)

今日は、朝早くから、
しめ縄張りや、お鏡飾りが行われました。

石山寺の御本尊さまの鏡餅は、
先日のお餅つきで用意したお餅を積み上げ、
仏塔(ストゥーパ)の形を模した、
石山寺独特のかたちです。

20091230-1御本尊鏡餅.jpg

今日は、たくさんの報道機関から取材に来られたので、
テレビや新聞で、この鏡餅をご覧になられた方も
多いと思います。

お餅4枚とミカン4つを1段とし、
全部で5段積み上げて、
その上にお餅を5段、左右にお昆布を垂らして、
手前に串柿を置き、
一番上にダイダイを1個乗せます。


お脇侍さまは同じ形ですが、お餅は3段です。
20091230-2御脇侍鏡餅.jpg

諸堂の仏さまはお餅を2段重ねて、
その上にお昆布と串柿、一番上にミカンです。
20091230-3諸堂鏡餅.jpg
このように準備して、この後、
それぞれ諸堂へお供えされました。

山内で用意するお鏡餅は、
合計121組。
本堂だけでも85組です。


そして、境内各所のしめ縄も張り終えました。

先日、このブログで御紹介したしめ縄です。
20091230-4東大門.jpg

ご神木のしめ縄も新しくなりました。
20091230-5ご神木.jpg

明日は15時より「お歳暮まわり」があります。
座主以下僧侶が境内各所を回って、
般若心経を唱え、一年の感謝を表します。

お歳暮まわりが終わると、
新年が来るのを待つのみです。


今年もいろいろなことがありました。
来年はどのような年になるのでしょうか。

皆さま、どうかよいお年をお迎えください。

新年は1月1日午前0時開門です。

------------------------------------------------------------
初詣のお問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
------------------------------------------------------------
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
------------------------------------------------------------

2009/12/29

貼仏供(はりぶつく)


貼仏供(はりぶつく)とは、
円錐台(プリンのような形)の台に、
菊、牡丹、麒麟と季節の花などを模った
お干菓子が貼り付けてある供養菓子です。

20091228-1貼仏供.jpg

御開扉の時、御内陣でお参りされた際に、
目にされた方も多いと思います。

今では、石山寺の他では、
あまり見かけないのではないでしょうか。

貼仏供の由来や始まりなどは詳しくはわかりませんが、
現在、この貼仏供を作っておられるお菓子屋さんは、
江戸時代から納めて下さっているそうです。

貼仏供は、年に2回取り替えられ、
季節によって貼るお干菓子が異なっています。
昨日、春の貼仏供に変わりました。

20091228-2貼仏供.jpg

200年以上前の江戸時代の木型を使い、
熟練の職人さんの手で作られた春のお干菓子は、
松、竹、梅、鶴など。
ピンク、白、黄色、緑、青といった様々な色がきれいで、
とても華やかです。

いつから貼仏供が始まったのか、
なぜこのような形になったのか、
仏教とお菓子は深い関係があるだけに、
気になるところです。

2009/12/26

迎春準備(その4 お餅つき)


今日は朝早くから、座主のご指示のもと、
近隣の方にもお手伝いいただいて、
お餅つきが行われました。
20091226-2お餅.jpg

今日のお餅つきは、
新年に境内各所にお供えするお鏡餅用ですが、
石山寺のお鏡餅は、
お餅とみかんを積み上げるめずらしい形なので、
お餅がたくさん必要です。

20091226-1お餅.jpg

全部で47臼(約120kg=2俵)のお餅をつきました。

つきあがったお餅は、
手早く鮮やかに丸められ、
お鏡餅の形になります。
20091226お餅-3.jpg

1つ約300gくらいの大きさです。

20091226-4お餅.jpg

お鏡餅を飾るのは30日です。
石山寺独特のお鏡餅の形は、
後日ご紹介いたします。

今日は雨も降らず、それほどに冷え込むこともなかったので、
よかったです。

みなさま、お疲れ様でした。

2009/12/25

迎春準備(その3 大掃除と門松立て)

ブログの更新ができなかった間も、
着々と迎春準備が進んでいます。

19日の午前中は、座主以下僧侶・職員総出の大掃除。
ご本尊さまのご開扉のため移動していた御前立ちさまも、
元の位置に戻られました。

200912235-1お前立.jpg


同日午後は、仏具のお磨き。
一つ一つ、丁寧に洗って磨きます。
20091225-2お磨き.jpg

そして今日は、
東大門に門松が立ちました。
20091225-3門松.jpg

門松が立つと、いよいよ新年が近づいたと実感します。
明日はお餅つきです。

[ 1  2  3  4 ]