< 2009年12月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

RSS

2009/12/01

12月の主な行事のご案内


9月1日から豊浄殿で開催しておりました

秋季 石山寺と紫式部 展
「源氏物語を彩る和歌の世界―付・石山寺の秘仏公開」

が昨日で終了いたしました。
開期中はたくさんの方にお越しいただき、
誠にありがとうございました。

次回、春季 石山寺と紫式部 展は、
来年3月18日からとなります。


さて、12月の石山寺の行事をご案内いたします。

●12月6日―8日 午後1時30分より 仏名会
 仏名会(ぶつみょうえ)とは、
 過去の一千仏、現在の一千仏、未来の一千仏のあわせて三千仏の名を唱え、
 罪悪を懺悔し消滅するための法要です。
 本来は、新発意(新しく僧侶になられた方)の行ですが、
 石山寺では毎年行っており、
 一般の方にも御参加いただけます。
 1日だけでも3日間でも参加可能です。
 
●12月16日15時 秘仏本尊如意輪観世音菩薩御閉扉
 この日15時をもって、
 ご本尊の如意輪観音さまのお扉が閉まります。
 お参りの方はお早めにお越しください。

●12月26日 餅つき

●12月30日 お鏡飾り

*年内は、通常通り午前8時開門、午後4時30分閉門です。


新年のご案内を少しだけ...

●平成22年1月1日 午前0時 開門

●平成22年1月1日 午前2時 除夜の鐘
 重要文化財の鐘楼に吊るされている梵鐘(重要文化財)は、
 妙なる音を出すことで知られ、平安時代に造られたものです。
 先着108名の方にこの鐘をついていただけます。

●平成22年1月1日―3日 午後1時より 修正会(本堂)


今年も残すところあと1ヵ月となりました。

12月に入っても、見事な紅葉です。
20091201拾翠園.jpg

-----------------------------------------------
昨日ご紹介した記事です。

朝日新聞11月28日夕刊
「瀬田の唐橋 何色?」

-----------------------------------------------