< 2010年6月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

RSS

2010/06/11

春季「石山寺と紫式部」展 より(5)

現在開催中の春季「石山寺と紫式部」展。

20100318-2.JPG


今季は、
「『源氏物語』の都(みやこ)と鄙(ひな)
 付:光明皇后千二百五十年御忌によせて」
というテーマのもと、
石山寺の宝物や、紫式部と『源氏物語』を題材にした作品を
展示しております。

このブログでは、現在展示中の作品のうち、
数点を選んで、ご紹介してまいります。


第5回目は、観世音菩薩立像です。

今年は平城遷都1300年、光明皇后1250年遠忌の年にあたります。
そのことにちなんで、「『源氏物語』の都と鄙」というテーマの他に、
「光明皇后千二百五十年御忌によせて」という、
もう一つのテーマの展示も行っています。
今回は、奈良時代の観音さまをご紹介します。

20100611-1.jpg

奈良時代(7世紀)に作られたとされるこの銅造の観音さまは、
高さが56.2センチメートルで、
国の重要文化財に指定されています。
寺伝では、
江戸幕府3代将軍・徳川家光の側室で、
5代将軍綱吉の生母である桂昌院の寄進とされます。

昭和23年盗難に遭い、
発見されたときは頭部が失われており、
痛々しいお姿となっています。

20100611-2.jpg 【以前のお姿の写真】


失われた頭部は、日本的な古朴なお顔立ちでしたが、
躰部は北周・隋あたりの金銅仏の様式が見受けられます。
特に、腰のあたりの瓔珞は見事に表されています。



現在も、失われた観音さまの頭部を探しています。
お心当たりのある方は、
---------------------------------------------
〒520-0861
滋賀県大津市石山寺3-2-28
石翔倶楽部(せきしょうくらぶ)
Tel:077-537-1105
Fax:077-534-9927
---------------------------------------------
までご連絡ください。


春季「石山寺と紫式部」展 より(4)
春季「石山寺と紫式部」展 より(3)
春季「石山寺と紫式部」展 より(2)
春季「石山寺と紫式部」展 より(1)