<   2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

RSS

ご案内の最近のブログ記事

2016/10/03

秋のワークショップ開催決定


去る8月に子どもさん向けのワークショップ
「1000年前の本の作り方 −石山寺の歴史と平安時代の装丁を学ぶ−」
を行いましたが、その時、大人の方から
「私も参加したい」というご要望があったこともあり、
来る11月23日(水・勤労感謝の日)に、
高校生以上の方を対象とした、ほぼ同じ内容のワークショップを
開催することになりました。

秋のワークショップ.jpg

申し込み方法等の詳細は、
近日中に石山寺ホームページにて発表予定です。
みなさまのご参加をお待ちしております。

↓8月のワークショップの様子はこちらをご覧ください。
石山寺公式ブログ「石山寺四季のたより」
2016年08月21日記事 「夏休みワークショップ」





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※10月11日より一部展示替えを行います。
「石山寺縁起絵巻」第五巻第一段(鎌倉時代、重要文化財)
 →10月11日より 「石山寺縁起絵巻」 第七巻第四段(谷文晁筆、江戸時代、重要文化財)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)第4段詞・絵、第5段詞
 →10月11日より 第6段詞・絵、第7段詞に巻き替え

「源氏小鏡」第四(室町時代)→10月11日より 第一

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/08/08

明日(8月9日)は千日会


02千日会ポスター.jpg

明日8月9日は千日会(せんにちえ)。
この日観音さまにお参りすると、
千日分の功徳があるといわれています。

千日会の日は、入山無料で、夜もお参りしていただけます。
通常は朝8時から夕方4時30分までですが、
この日は、朝8時から夜9時まで(最終入山は夜8時30分まで)
入山することができます。

20160801-1.jpg

境内には、万燈供養として
ご先祖さまや亡くなられた方を供養するお塔婆が吊り下げられた
約1000張の提灯が設置されており、
故人をしのぶ方々のお参りも絶えません。

20160801-2.jpg

普段なかなかお参りできない方もいらっしゃると思いますが、
今年は御本尊さまの33年に1度にあたるご開扉(ご開帳)を
おこなっておりますので、この機会にぜひお参りください。
ご本尊さまを間近でお参りいただける本堂の内陣拝観(有料)の受付は
午後8時30分までです。

豊浄殿で開催中の「石山寺と紫式部」展につきましては、
通常通り午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで、有料)です。

蓮如堂北側では、今年初めての試みとして、
午前10時から午後8時30分まで、
「石山寺デジタル縁起絵巻」をご覧いただけます。
こちらは、石山寺の草創と観音さまの霊験を描いた
「石山寺縁起絵巻」をCGアニメーション化して
障子に映し出すものです。

なお、毎年8月9日に開催しておりました
千日会花火大会(瀬田川に煌めく炎のページェント)は、
平成28年度は諸事情により中止が決定いたしました。
長年、皆様に愛された花火大会のため、残念ではありますが、
何卒ご了承ください。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg


ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg

申し込み締め切りを8月10日(水)までに延長しました!



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/07/09

御本尊御開扉の中日法要


本年3月18日からの御本尊御開扉の中日法要を、
7月18日(月・祝)11:00?から本堂にて厳修いたします。
今回の御開扉中日を記念して、舞楽の奉納が行われます。

このたびの舞楽の奉納につきましては、
石山寺が所蔵する『石山寺縁起絵巻』第1巻(重要文化財)に、
延暦23年(804)、石山寺で初めて常楽会
(涅槃会、お釈迦さまの入滅の日に報恩のために修する法要)が
厳修されたという記録があり、
そのシーンは舞楽付として描かれていることにちなむものです。
演目は『源氏物語』に登場する「蘭陵王」「青海波」です。
舞楽付の法要を修することは現代では珍しく、
このように『石山寺縁起絵巻』に描かれた情景が再現されることは、
石山寺にとって記念すべきことです。

20160710.jpg 石山寺縁起絵巻(重要文化財)第1巻

この法要のため、一般のご参拝の方は、
当日は12時30分まで内陣へお入りいただくことができませんが、
本堂外陣から舞楽をご覧いただくことができます。

なお、法要に先立ち、
10:45から、東大門より御練りがありますので、
御練をご覧になる方は、参道にてお待ちください。

また、拾翠園(おやすみどころ)のご利用は
13時30分からとなりますので、ご了承ください。






*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻 第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg


ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/07/06

夏休みワークショップ


もうすぐ夏休み。
子どもたちは、長いお休みの間どんなことをしようかと
さまざまな計画を立てているところだと思いますが、
この夏は、石山寺で、「粘葉装(でっちょうそう)」という
1000年前の本の作り方を体験してみてはいかがでしょうか。

20160706-1.jpg

「粘葉装」は、紙を折って糊で貼り合わせるだけの、
非常に簡単な製本の方法です。
石山寺には「校倉聖教」(重要文化財)という、
平安時代を中心とした、
お坊さま用の膨大な数のテキスト群がありますが、
多くが粘葉装です
粘葉装は紙の裏表に文字や図が書けるので、
紙の貴重な時代に有効な方法でした。

ワークショップ当日は、
石山寺の境内をめぐり、
豊浄殿で開催中の「石山寺と紫式部」展で
平安時代の粘葉装を見てから、
自分たちで実際に作ってみます。

この時、石山寺の歴史や、
石山寺ゆかりの紫式部と源氏物語についても少し勉強するので、
出来上がった粘葉装の本に、
自分が心に残った石山寺のお堂や所蔵品の写真を貼って、
オリジナルの石山寺の図録に仕上げます。

20160706-2.jpg 完成見本

お寺と紫式部・源氏物語の説明や、
粘葉装の作り方の説明をするのは、
石山寺のお坊さまと「石山寺と紫式部」展の担当者です。

参加できるのは、
小学5年生から中学3年生までの子どもさんで、
保護者の付き添いも可能です。

今はもうあまり使われなくなった製本方法ですが、
アイディア次第でさまざまなものに応用できると思います。

ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg

申し込みは、石山寺ホームページ内の、
専用申し込みフォームからのみとなります。
申し込みの受付は7月末までですが、
定員に達した場合は、早めに締め切ることがあります。

ぜひこの機会に、
一人でも多くの子どもさんにご参加いただけましたら、
幸いです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻 第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/06/18

スイーツ巡礼

毎月18日は観音さまのご縁日。
この日お参りするとより多くの御利益が得られると
いわれています。
今日も朝早くから多くの方にお参りいただき、
ありがとうございました。


さて、西国三十三札所草創1300年記念事業の一つに、
「スイーツ巡礼」があります。
関西一円と岐阜に広がる三十三の札所をめぐる巡礼者は、
各札所の名物のお菓子よって、
疲れた身体を癒し、次の札所ヘ向かう鋭気を養ったことでしょう。
そのことにちなみ、観音さまとご縁を結びながら、
おいしいお菓子にも出会える「スイーツ巡礼」が企画され、
大変ご好評を得ているようです。

「スイーツ巡礼」公認の石山寺スイーツの一つが「石餅(いしもち)」。
石山寺には、明治時代の中ごろまで、
硅灰石を模し、観音さまと石のように固い絆で結ばれることを
祈って食された「石餅」という食べ物があったそうで、
「叶 匠壽庵」さんが、石山寺店限定で復元されたものです。

20160618-1.jpg

「叶 匠壽庵」さんの代表的なお菓子「あも」も、
「スイーツ巡礼」公認の石山寺スイーツの一つです。
西国三十三札所草創1300年記念事業の特別パッケージは、
石山寺店限定で販売されています。

20160618-2.jpg

石餅かき氷もこれからの季節にぴったりですね。

20160618-3.jpg

観音さまにお参りのあとは、
おいしいスイーツをお楽しみ下さい。


※「叶 匠壽庵」石山寺店は石山寺門前「寺前浪漫」内です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※6月1日より一部展示替えを行っています。

「大乗本生心地観経巻」第一(石山寺一切経のうち、重要文化財)
  →(6月1日より)「観世音菩薩如意摩尼陀羅尼経」(石山寺一切経のうち、重要文化財)
「三部曼荼」(石山寺校倉聖教のうち、重要文化財))
 →(6月1日より)朗澄筆「金剛三密鈔」第一(石山寺校倉聖教のうち、重要文化財)
「源氏物語絵巻 末摘花」(重要文化財)第1段 →(6月1日より)第3段
土佐光吉筆「源氏物語図色紙」若紫・葵→(6月1日より)夕顔・帚木
「源氏物語十二面色紙」夕顔・花宴→(6月1日より)空蝉・賢木
伝土佐光則筆「源氏物語図画帖」胡蝶→(6月1日より)明石
「源氏物語十二面画帖」竹河・東屋→(6月1日より)野分・柏木
 「源氏小鏡」第一 →(6月1日より)第三

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




[ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 ]