<   2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

RSS

法要の最近のブログ記事

2016/07/19

ご開扉中日法要

観音さまのご縁日でもある昨日、
11時よりご開扉中日法要が厳修されました。
3月18日から12月4日までのご本尊さまのご開扉期間の、
ちょうど折り返し地点にあたる時期に行われるのが、
中日法要です。

昨日は、暑い中、お忙しいにもかかわりませず、
多くの方にご出席いただきました。

まずは、東大門から本堂までお練りが行われました。
僧侶の先導で、舞楽をご奉納いただく楽人に続き、
この度発足する石山寺護寺会発起人の皆さま、
法要を勤める僧侶、導師、舞人が本堂へ向かいます。

20160719-1.jpg

法要の最初に、
毎月第2日曜日に行なわれている写経会にご参加くださっている
みなさまより、観音経をご奉納いただきました。
また、舞人のみなさまによって、
ご本尊さまにお花がお供えされました。

そして、先日のブログフェイスブックでもご案内いたしました通り、
「石山寺縁起絵巻」第一巻に、
常楽会の舞楽の様子が描かれているゆかりから、
舞楽「蘭陵王」と「青海波」をご奉納いただきました。
「蘭陵王」と「青海波」は、
紫式部が石山寺で起筆した『源氏物語』にも登場します。

20160719-2.jpg 「蘭陵王」

20160719-3.jpg 「青海波」

舞楽の後の法要も滞りなく厳修され、
無事終了いたしました。

20160719-4.jpg

暑い中、ご来寺くださいましたみなさま、
ありがとうございました。

また、中日法要に際しましては、
多くの方にご尽力賜りましたこと、
御礼申し上げます。

ご本尊さまのご開扉は12月4日(日)まで続きます。
一人でも多くの方に、
観音さまとのご縁を結んでいただけましたら幸いです。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg


ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




2016/07/09

御本尊御開扉の中日法要


本年3月18日からの御本尊御開扉の中日法要を、
7月18日(月・祝)11:00?から本堂にて厳修いたします。
今回の御開扉中日を記念して、舞楽の奉納が行われます。

このたびの舞楽の奉納につきましては、
石山寺が所蔵する『石山寺縁起絵巻』第1巻(重要文化財)に、
延暦23年(804)、石山寺で初めて常楽会
(涅槃会、お釈迦さまの入滅の日に報恩のために修する法要)が
厳修されたという記録があり、
そのシーンは舞楽付として描かれていることにちなむものです。
演目は『源氏物語』に登場する「蘭陵王」「青海波」です。
舞楽付の法要を修することは現代では珍しく、
このように『石山寺縁起絵巻』に描かれた情景が再現されることは、
石山寺にとって記念すべきことです。

20160710.jpg 石山寺縁起絵巻(重要文化財)第1巻

この法要のため、一般のご参拝の方は、
当日は12時30分まで内陣へお入りいただくことができませんが、
本堂外陣から舞楽をご覧いただくことができます。

なお、法要に先立ち、
10:45から、東大門より御練りがありますので、
御練をご覧になる方は、参道にてお待ちください。

また、拾翠園(おやすみどころ)のご利用は
13時30分からとなりますので、ご了承ください。






*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻 第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg


ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/05/03

熊本への思い


当山座主が会長を務める西国三十三所札所会では、
昨日、各札所の僧侶が第17番札所の六波羅蜜寺に集会し、
熊本地震の犠牲者の慰霊および被災地復興を願う法要を
厳修いたしました。
また、法要に引き続き、
京都の四条河原町にて義援金を募る托鉢も行いました。
大変多くの方にお志を賜りましたこと、
心より御礼申し上げます。
義援金は、日本赤十字社を通じて、
熊本に届けられます。

20160503.jpg

この度の地震で犠牲になられた方のご冥福を
お祈り申し上げますとともに、
一日も早い復興および皆様の安心を
心より祈念申し上げます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※5月9日より一部展示替えを行います。
 「石山寺縁起絵巻」(重要文化財)第1巻第1段 →(5月9日より)第1巻第4段
 「源氏物語絵巻 末摘花」(重要文化財)第1段 →(5月9日より)第2段
 「源氏小鏡」第一 →(5月9日より)第二

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain

ゴールデンウイーク中は周辺道路が混み合いますので、
お時間に余裕を持ってご来寺下さい。




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




2016/03/26

西国三十三所草創1300年開白法要


西国三十三所とは、
近畿2府4県と岐阜県にある観音霊場の33の札所のことです。
この札所となっている33の寺院を順番に巡ってお参りする「巡礼」は、
平安時代から始まり、
2018年に草創1300年を迎えます。

33札所が組織する「西国三十三所札所会」では、
このことを記念し、
2016年から2020年までの5年間で、
様々な記念行事を行うことになりました。

その幕開けとなる「西国札所草創1300年記念開白法要」は、
25日11:30より石山寺にて、
三十三か寺の御山主猊下がご参集され、
当山座主猊下(西国三十三所札所会会長)が導師を勤められ、
厳修されました。

法要に先立ち、明王院前から本堂まで、
長谷寺さまから到着した法灯を先頭とし、
御山主猊下のお練りが行われました。

20160325-1.jpg

とても1枚の写真に収まらない御山主猊下の長い行列は、
壮観です。
ご参拝の方や報道陣が見守る中、本堂へ続きます。

本堂では、まず、ご詠歌を背景に、
長谷寺さまからの法灯が献灯されました。

この法灯は、1300年記念行事の一つ、
「徒歩巡礼法灯リレー」によって、
石山寺へ運ばれました。

20160325-3.jpg

「徒歩巡礼法灯リレー」は、記念行事の一つで、
古道を歩いて1300年前の巡礼を再現するものです。
よく見ると、徒歩先達のみなさまは草鞋を履いておられます。
写真の左が正、右が副の法灯です。

法要は、18日にご開扉されたばかりの
如意輪観音さまのご宝前で行われ、
多くの関係者や先達さまがご多忙の中ご出席くださいました。

20160325-2.jpg

長谷寺さまからの法灯を受け継いだ石山寺の法灯は、
再び「徒歩巡礼法灯リレー」によって、
次の第一番札所青岸渡寺さまに伝えられます。

20160325-4.jpg

この日はとても寒く、
法要前はみぞれのような雨も少し降りましたが、
雲間からお日さまの光が届き、
無事、法要を終えることができました。
これも観音さまのおかげでしょう。

観音さまは、少しでも早く人々の願いを叶えるため
33のお姿に変化して、私たちを救済してくださる仏さまです。
どうぞこの記念すべき年に、33の観音さまとご縁を
結んでいただけましたら幸いです。

なお、西国札所草創1300年記念行事の詳細はこちらをご覧ください。
西国三十三所札所ホームページ http://www.saikoku33.gr.jp




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前9時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展は、現在休止中です。
4月1日から再開いたします。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/03/20

ご本尊さま御開扉


3月18日午前11時より、
勅封の御本尊如意輪観世音菩薩さまの、
宮殿(くうでん)の御扉を開く法要が厳修されました。

法要には、三笠宮家彬子女王殿下をはじめ、
多くの方にご臨席賜り、
座主猊下の「開封の儀」が読み上げられた後、
勅使様によって、宮殿(くうでん)の御扉の封が切られ、
ご本尊さまのお姿が現れました。

20160320-2.jpg

今回は、恒例の33年に一度の恒例の御開扉ですが、
2009年の「花山法皇一千年御遠忌西国三十三所結縁総御開帳」の際に
御開扉されましたので、7年ぶりとなります。

20160320-1.jpg

御開扉は12月4 日(日)までです。
(なお、3月25日(金)は法要のため、
 一般の方の本堂内陣拝観受付は、法要終了後の12時30分からとなります。)

観音さまは私たちの願いをかなえてくださる仏さまです。
この機会に、ぜひご縁を結んでいただけましたら幸いです。

↓御開扉の詳細はこちらをクリックしてご覧ください

2016年ご開扉.jpg



また、豊浄殿では、同じ日に
御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)「ほとけの誓ひおもきいしやま」
が始まりました。

↓詳細はこちらをクリックしてご覧ください
2016-式部展ポスター2.jpg

通常、式部展は春と秋の2 回開催ですが、
今年は、御開扉と同じ3月18 日から12月4日まで開催します。
今回は、「石山寺の歴史と本尊」そして「石山寺と紫式部」という
大きな2つのテーマのもと、
平安時代の御本尊の御前立ちさまだった如意輪観音像、
「石山寺縁起絵巻」、「石山寺一切経」および「石山寺校倉聖教」、
「源氏物語絵巻 末摘花」(以上いずれも重要文化財)などを展示しています。

期間中何度か展示替えを行いますので、
石山寺ホームページ内の式部展の御案内ページのリスト(PDF)で
スケジュールをご確認下さい。

「幻の源氏物語絵巻」として知られる、
重要文化財「源氏物語絵巻 末摘花」は、
現在、最もよく知られる、第一段(上のポスターの左端の場面)を
公開しています。

本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と併せてご覧いただくと、
より石山寺を深く知っていただけると思います。
これからはお花が美しい季節ですので、
境内の散策がてら、豊浄殿へもぜひお立ち寄りください。


なお、本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前9時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで
※3月25日の内陣拝観受付は12時30分からになります。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展は、現在休止中です。
4月1日から再開いたします。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





前の5件 [ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 ]