<   2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RSS

石山寺の文化財の最近のブログ記事

2016/07/06

夏休みワークショップ


もうすぐ夏休み。
子どもたちは、長いお休みの間どんなことをしようかと
さまざまな計画を立てているところだと思いますが、
この夏は、石山寺で、「粘葉装(でっちょうそう)」という
1000年前の本の作り方を体験してみてはいかがでしょうか。

20160706-1.jpg

「粘葉装」は、紙を折って糊で貼り合わせるだけの、
非常に簡単な製本の方法です。
石山寺には「校倉聖教」(重要文化財)という、
平安時代を中心とした、
お坊さま用の膨大な数のテキスト群がありますが、
多くが粘葉装です
粘葉装は紙の裏表に文字や図が書けるので、
紙の貴重な時代に有効な方法でした。

ワークショップ当日は、
石山寺の境内をめぐり、
豊浄殿で開催中の「石山寺と紫式部」展で
平安時代の粘葉装を見てから、
自分たちで実際に作ってみます。

この時、石山寺の歴史や、
石山寺ゆかりの紫式部と源氏物語についても少し勉強するので、
出来上がった粘葉装の本に、
自分が心に残った石山寺のお堂や所蔵品の写真を貼って、
オリジナルの石山寺の図録に仕上げます。

20160706-2.jpg 完成見本

お寺と紫式部・源氏物語の説明や、
粘葉装の作り方の説明をするのは、
石山寺のお坊さまと「石山寺と紫式部」展の担当者です。

参加できるのは、
小学5年生から中学3年生までの子どもさんで、
保護者の付き添いも可能です。

今はもうあまり使われなくなった製本方法ですが、
アイディア次第でさまざまなものに応用できると思います。

ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg

申し込みは、石山寺ホームページ内の、
専用申し込みフォームからのみとなります。
申し込みの受付は7月末までですが、
定員に達した場合は、早めに締め切ることがあります。

ぜひこの機会に、
一人でも多くの子どもさんにご参加いただけましたら、
幸いです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻 第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/04/29

日本遺産認定


先日、今年度の「日本遺産」登録決定の発表がありましたが、
この度、石山寺は、
滋賀県の「琵琶湖とその水辺景観−−祈りと暮らしの水遺産」に
登録されました。

文化庁が認定する「日本遺産(Japan Heritage)」は,
文化庁のホームページによると、
地域の歴史的魅力や特色を通じて
我が国の文化・伝統などの文化財群が語るストーリーを
地域が主体となって総合的に整備・活用し,
国内だけでなく海外へも戦略的に発信し,
地域の活性化を図ることを目的とするものです。

石山寺は、琵琶湖から流れ出る唯一の川「瀬田川」の右岸に建立され、
その川の流れとともに1300年もの歴史を刻んできました。

そもそも、この場所は、
約6000 − 7000年も前から、
人々は琵琶湖や瀬田川の恵みを受けて
暮らしていた地でした。
現在駐車場となっている場所からは、
関西屈指の縄文時代早期の遺跡「石山貝塚」が発掘されています。

創建以前の飛鳥時代、
川原寺の中金堂の礎石に使用する石は、
この場所から切り出され、
瀬田川を使って運んでいたと思われます。

奈良時代に入り、石山寺の創建の際も、
必要な資材は川を使って運ばれていたことが
『正倉院文書』から判明しています。

平安時代以降、流行した石山詣での人々は、
打出浜と石山寺の間を舟で行き来しました。
瀬田唐橋と石山寺の間にあったと推測される
「山吹の崎」「いかが崎」は歌枕ともなっており、
藤原道綱母の『蜻蛉日記』にも登場します。

石山寺の草創と観音の功徳を記した「石山寺縁起絵巻」(重要文化財)は、
開基である老弁僧正が、
琵琶湖の南岸で釣りをしている老人(実は比良明神)に出会う場面から始まり、
宇多法皇の御幸、大津の浦の馬借、歴海和尚と龍王たち、殺生禁断、
紫式部の起筆、瀬田唐橋、琵琶湖の嵐で白馬に助けられる少女など、
多くの場面で、水辺とその周辺で暮らす人々の姿が
生き生きと描かれています。
なかでも、紫式部が当寺に七日間籠り、
湖面に映える月を見て『源氏物語』を書き始めたという場面が
最も知られています。
これらから、琵琶湖と瀬田川は石山寺と密接に関わり、
それぞれの文化の形成に少なからず影響を与えていたといえるでしょう。

そして、現在、
いくつかの石段を登り、
やっとたどり着く月見亭横からの瀬田川・琵琶湖の風景に
癒される方は少なくないと思います。

今回の日本遺産への登録が、
水を通じて、石山寺の歴史、文化、環境を
より深く知っていただく機会となりましたら幸いです。

20140408-3.jpg 2014年4月8日撮影



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2015/07/26

今日から校倉聖教展

校倉聖教展示ポスター.jpg

石山寺には膨大な数の経典・聖教(僧侶のテキスト)が
伝えられてきますが、そのうちの「石山寺校倉聖教」は、
平安・鎌倉時代を中心とした聖教約2,000点からなり、
重要文化財に指定されています。
このたび、14年間行われてきた冊子本1245点の修理が完成し、
このことを記念して、普段なかなか目にすることができない聖教41点を、
今日から8月2日(日)まで8日間限りで公開いたします。
(今回の展示には源氏物語や紫式部関連の展示物はありません。)
石山寺の聖教がどのようなものなのか、
聖教がどのような修理をされたのかを、
この機会に知っていただけましたら幸いです。

20150726.jpg 会場内の様子


詳細はこちらをクリック↓
2015-2 校倉聖教展.jpg

期間中はギャラリートークも行います。
(1)修理担当者によるギャラリートーク(約30分)
    期間中毎日 1日2回(11時、13時)
    ※毎回同じ内容です。
(2)石山寺文化財綜合調査団団員によるギャラリートーク(約30分)
    7月28日(火)10:30
     石川知彦 氏(龍谷ミュージアム教授)
     吉川 聡 氏(奈良文化財研究所文化遺産部歴史研究室長)
    7月28日(火)13:30
     加藤 優 氏(元徳島文理大学教授)
    7月29日(水)10:30
     渡辺晃宏 氏(奈良文化財研究所都城発掘調査部史料研究室長)
     古川攝一 氏(大和文華館学芸員)
    ※各回内容が異なります。

実際に聖教を修理された方や、
長年石山寺聖教の調査をされてきた方から、
貴重なお話を聞けるチャンスですので、
ぜひ時間を合せてお越しください。


なお、31日のシンポジウムにつきましては、
すでに申し込み締め切りを過ぎておりますが、
参加をご希望される場合は、
前日までにお電話にてお問い合わせ下さい。
 問い合わせ先:石山寺077-537-0013


聖教を大切に守り継いできた人々の思いに
心を寄せていただけましたら幸いです。
期間が短いので、お早めにお越しください。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



もっと石山寺を知りたい方は、
ボランティアガイドと巡る石山寺ツアー
をご利用ください。
詳細はこちら↓

ボランティアガイド.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================





2012/06/19

観音さまの日と仏涅槃図

昨日は月に一度の観音さまのご縁日でした。
朝から多くの方にお参りいただき、
ありがとうございました。
雨も降らず、門前市「牛玉(ごおう)さん」も大盛況でした。


さて、昨日の読売新聞朝刊の滋賀版に、
石山寺所蔵の絹本著色「仏涅槃図(ぶつねはんず)」(国重文)が、
実は弥勒菩薩を主人公に描かれているという新説を掲載して下さいました。

20120618-1.jpg 仏涅槃図(重文)

この説は、
多宝塔檜皮葺屋根葺替竣工記念として
今年4月8日の奉告法要の日に発行された
『石山寺の美術 常楽会本尊画像の研究』(安嶋紀昭著)に
掲載されています。

安嶋先生は、弥勒菩薩のことだけではなく、
筆者は国宝「鳥獣戯画」の乙本を描いた宮廷絵師と考えられること、
制作には石山寺の屈指の学僧、朗澄律師が関与していること、
なども指摘されています。

このブログをよくご覧頂いている方には、
「青鬼さん」としてすっかりおなじみの朗澄律師は、
事相だけでなく、図像にも明るく、
多宝塔の柱絵の制作にも大きく関わっておられたことが、
最近の研究でわかってきています。

石山寺には一切経や聖教、古文書などが多く伝えられており、
石山寺文化財綜合調査団の先生方をはじめ、
古今の研究者がさまざまな角度から研究をして下さっています。
しかし、創建以来1265年の長い長い歴史を有するがゆえか、
実は、まだまだ不明の部分が多いのです。

ですから、このような研究成果が世に出ることは、
お寺としても大変うれしいことです。
新しい説の登場によって、
より一層研究が深まることを願ってやみません。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

新聞記事の一部は、昨日から1週間くらいの間は、
読売新聞のホームページ「ヨミウリ・オンライン」でご覧いただけます。
Topページの上の方の青い帯の「地域」をクリックして
地図から「滋賀」を選んでいただくか、
または、Googleのニュースで「石山寺」を検索してみてください。


また、『石山寺の美術 常楽会本尊画像の研究』(安嶋紀昭著)は、
石山寺境内での販売はしておりません。
お問い合わせは、出版元の法蔵館(京都市下京区、Tel:075-343-0458)へ
お願いいたします。


なお、この「仏涅槃図」は、現在は公開しておりません。
公開の際は、石山寺ホームページなどでお知らせいたします。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6月30日まで開催中
春季「石山寺と紫式部」展
「石山寺の美 仏像・多宝塔・源氏絵
  ―多宝塔平成大修理完成を記念して―」
2012-01春季式部展ポスター.jpg
詳細は→こちら

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※今年の花しょうぶ・アジサイについて
 今年の花しょうぶ、アジサイは、
 野生のシカの食害を受けたため、
 例年のような彩りは見込めません。
 当寺としても対策をしておりますが、
 残念な結果となり遺憾に思っております。
 ご参拝の皆さまには申し訳ございませんが、
 何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





rvcar 石山寺へのアクセス bus

======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================

2010/11/08

石山寺縁起絵巻の意外なお話


現在、大津市歴史博物館で開催中されている
企画展「大津 国宝への旅」には、
石山寺の宝物も十数点出陳されています。
この企画展にあわせて、京都新聞に列品解説が連載されていますが、
11月3日の朝刊のこのコーナーに、
石山寺縁起絵巻(重要文化財)が取り上げられていました。
石山寺縁起絵巻は、石山寺の創建から鎌倉時代末期までの歴史を、
詞書と絵で記したもので、
1、2、3、5巻が鎌倉時代、4巻が室町時代、
6、7巻が江戸時代に描かれています。

20101108-13.jpg

掲載された場面は、第3巻の第3段、
菅原孝標女が石山寺へ参詣する途中、
逢坂の関(おうさかのせき)にさしかかった場面です。
逢坂の関とは、山城国(京都)と近江国(滋賀)の国境にあった関所で、

 これやこの行くもかへるも別れては 知るもしらぬも逢坂の関(蝉丸)
 夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ(清少納言)

という百人一首の和歌でもよく知られていると思います。

この場面には、菅原孝標女の列の他にも、
関所を行き交う人々の様子が細かく描かれていますが、
学芸員の方の解説によると、
逢坂の関を描いた唯一の資料が石山寺縁起絵巻だそうです。
有名な関所なので、意外なお話にびっくりしました。

菅原孝標女の参詣の場面は、
国語や歴史の教科書、資料集などにもよく掲載されているので、
ご覧になったことがあるかもしれませんね。

大津市歴史博物館で最終日まで展示されています。



[ 1  2  3 ]