<   2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RSS

石山寺の文化財の最近のブログ記事

2010/01/30

江戸時代の石山寺

石山寺には3つの古地図が伝わっています。
これは、そのうち一番小さい古地図です。

20100130-1古地図.jpg

小さいといっても、幅は2メートル以上あります。
江戸時代のもので、
中央の少し下あたりに石山寺が描かれています。

20100130-2古地図.jpg

境内の諸堂の部分。
名称は違っているものもありますが、
配置は、今とほとんど変わっていません。

じっくりみていくと、
その正確さに驚かされます。

残念ながら、展示公開の予定はありません。
今のところ、このブログのみのご紹介です。
他の古地図は、いずれご紹介します。

2010/01/09

多宝塔の大日如来さま


多宝塔のご本尊は大日如来さまです。

鎌倉時代を代表する仏師快慶の、
無位時代(法橋に叙任される建仁3年以前)の作と
考えられています。

20100109多宝塔大日如来.jpg

実は、快慶作とわかったのは、比較的最近のことです。
昭和62年に行われた文化庁の調査で、
像内頭部に「アン(梵字)阿弥陀」という
快慶の阿弥陀仏号の墨書がみつかったのです。
それまでは、江戸時代の修理によって、
鎌倉初期の作とは見られなかったようです。

平成11年6月に重要文化財に指定されました。



前の5件 [ 1  2  3 ]