<   2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS

多宝塔平成大修理の最近のブログ記事

2011/11/08

多宝塔葺替工事 13

来年3月まで行われる国宝の多宝塔の
檜皮葺屋根葺き替え工事。

軒付を切り揃える作業が終わると、
水切り銅板が取り付けられました。
現在は、土居葺の傷みが激しかった部分を
葺き替えする作業が行われています。

20111108-1.jpg

土居葺には、柔らかくて水に強いサワラの木の板が使われています。
この木の板は長さ約24cmで、
水を吸い上げないよう、手割りされているそうです。

20111108-2.jpg

今回は軒先の補修だけですが、
数千枚の板が竹釘で留められます。

土居葺は、瓦葺の下に葺いてあることが多く、
檜皮葺の下に葺いてあるのは珍しいそうです。
石山寺多宝塔の土居葺は上層屋根にはなく、
下層屋根だけに見られます。

今葺かれている土居葺がいつ頃のものかはよくわかりませんが、
修理されたであろう痕跡があるので、
前々回の修理には、土居葺があったのではないかと
推測されます。

20111108-3.jpg

整然と葺かれたサワラの板が美しいです。

::::::::::::::::::::::
2012年2月まで、多宝塔を下層屋根の高さからご覧いただけます。
詳細はこのバナーをクリックしてご覧下さい
201108-201202-1.jpg




:::::::::::::::::::::::::::::::::::
石山寺紅葉ライトアップ(11/19?11/27)
詳細はこちらから↓
20111102-3.jpg



======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================

2011/10/25

多宝塔葺替工事 12


現在行われている多宝塔檜皮葺屋根の葺替修理。
昨日は、軒付を切り揃える作業が行われていました。

20111025-1.jpg

積まれた檜皮を水で濡らし、
「ちょうな(または「ちょんな」)」という道具で、
職人さんが美しく切り揃えていきます。

20111025-2.jpg


見学者用通路からは見えませんが、
下層の天井板の胡粉塗りも始まっています。


::::::::::::::::::::::
2012年2月まで、多宝塔を下層屋根の高さからご覧いただけます。
詳細はこのバナーをクリックしてご覧下さい。

201108-201202-1.jpg

多宝塔ご本尊の大日如来像(快慶作)は、
現在、滋賀県立近代美術館で開催中の
特別展「神仏います近江」にお出まし中です。

 三館連携特別展「神仏います近江」ホームページ
 http://www.biwako-visitors.jp/shinbutsu/



======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================


2011/10/12

多宝塔葺替工事 11


今日は、屋根葺替修理中の多宝塔から
トントンと音が聞こえています。

20111012-1.jpg

現在は、軒付皮を積む作業が行われており、
トントンという音は、軒付皮を竹釘で打ち締める音です。

20111012-2.jpg

今日中には軒周りを一周し、
またもう一周、もう少し軒付皮を積んでいくそうです。

::::::::::::::::::::::
2012年2月まで、多宝塔を下層屋根の高さからご覧いただけます。
詳細はこのバナーをクリックしてご覧下さい
201108-201202-1.jpg



======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================


2011/10/07

多宝塔葺替工事10


7月より檜皮葺の屋根の葺替修理が行われている多宝塔(国宝)。
上軒付(うわのきづけ)の裏板を貼る作業が終わり、
今日は、呼び出し垂木(たるき)の解体が行われています。
呼び出し垂木は、屋根の美しいラインを出すという役割があります。

20111007-2.jpg

この解体で、呼び出し垂木の状態を見て、
傷んでいるものがあれば補修します。

東側の屋根(写真手前)の一部には、
すこしだけ軒付皮が積まれています。
軒付皮はもうすこし厚く積まれ、
全て積み終わったら、
最後に釿(ちょうな、または、ちょんな)という道具で
小口の部分を切りそろえるそうです。

このところ、目に見えるかたちで作業が進んでおり、
毎日少しずつ変わる屋根の様子を見ていると、
人間の知恵や受け継がれてきた技術のすばらしさを実感します。

明日から三連休。
良いお天気になるそうなので、
是非お参り・ご見学にお越しください。


::::::::::::::::::::::

2012年2月まで、多宝塔を下層屋根の高さからご覧いただけます。
詳細はこのバナーをクリックしてご覧下さい。

201108-201202-1.jpg



======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================


2011/10/05

多宝塔葺替工事9

7月より檜皮葺の屋根の葺替修理が行われている多宝塔(国宝)。
現在、古い檜皮を剥がし、
下層屋根は土居葺が見える状態です。


先週の防虫・防腐の作業を経て、
昨日今日と、上軒付(うわのきづけ)の裏板を
貼る作業が行われています。

20111005-1.jpg


次は、上軒付皮を積みあげる作業になります。
これから、いくつかの工程を経て、
10月中には、いよいよ檜皮葺の作業に入る予定です。



::::::::::::::::::::::



2012年2月まで、多宝塔を下層屋根の高さからご覧いただけます。
詳細はこのバナーをクリックしてご覧下さい
201108-201202-1.jpg

======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================




前の5件 [ 1  2  3  4  5 ]