<   2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RSS

ご本尊御開扉の最近のブログ記事

2016/07/19

ご開扉中日法要

観音さまのご縁日でもある昨日、
11時よりご開扉中日法要が厳修されました。
3月18日から12月4日までのご本尊さまのご開扉期間の、
ちょうど折り返し地点にあたる時期に行われるのが、
中日法要です。

昨日は、暑い中、お忙しいにもかかわりませず、
多くの方にご出席いただきました。

まずは、東大門から本堂までお練りが行われました。
僧侶の先導で、舞楽をご奉納いただく楽人に続き、
この度発足する石山寺護寺会発起人の皆さま、
法要を勤める僧侶、導師、舞人が本堂へ向かいます。

20160719-1.jpg

法要の最初に、
毎月第2日曜日に行なわれている写経会にご参加くださっている
みなさまより、観音経をご奉納いただきました。
また、舞人のみなさまによって、
ご本尊さまにお花がお供えされました。

そして、先日のブログフェイスブックでもご案内いたしました通り、
「石山寺縁起絵巻」第一巻に、
常楽会の舞楽の様子が描かれているゆかりから、
舞楽「蘭陵王」と「青海波」をご奉納いただきました。
「蘭陵王」と「青海波」は、
紫式部が石山寺で起筆した『源氏物語』にも登場します。

20160719-2.jpg 「蘭陵王」

20160719-3.jpg 「青海波」

舞楽の後の法要も滞りなく厳修され、
無事終了いたしました。

20160719-4.jpg

暑い中、ご来寺くださいましたみなさま、
ありがとうございました。

また、中日法要に際しましては、
多くの方にご尽力賜りましたこと、
御礼申し上げます。

ご本尊さまのご開扉は12月4日(日)まで続きます。
一人でも多くの方に、
観音さまとのご縁を結んでいただけましたら幸いです。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg


ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




2016/06/04

『魅惑の観音像』


現在御開扉中の御本尊さまが掲載されている
『魅惑の観音像』という書籍が出版されました。

20160604-1.jpg

この本のために特別に撮影された御本尊さまの写真や、
お座主と仏師の長谷法寿先生の対談をはじめ、
全国のすばらしい観音さまが数多く掲載されています。
現在、書店等で販売中ですので、
ご興味がおありでしたらお早めにお求めください。

『魅惑の観音像』
エイ出版 2016年5月26日発売
1,404円(税込)




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※6月1日より一部展示替えを行いました。

「大乗本生心地観経巻」第一(石山寺一切経のうち、重要文化財)
  →(6月1日より)「観世音菩薩如意摩尼陀羅尼経」(石山寺一切経のうち、重要文化財)
「三部曼荼」(石山寺校倉聖教のうち、重要文化財))
 →(6月1日より)朗澄筆「金剛三密鈔」第一(石山寺校倉聖教のうち、重要文化財)
「源氏物語絵巻 末摘花」(重要文化財)第1段 →(6月1日より)第3段
土佐光吉筆「源氏物語図色紙」若紫・葵→(6月1日より)夕顔・帚木
「源氏物語十二面色紙」夕顔・花宴→(6月1日より)空蝉・賢木
伝土佐光則筆「源氏物語図画帖」胡蝶→(6月1日より)明石
「源氏物語十二面画帖」竹河・東屋→(6月1日より)野分・柏木
 「源氏小鏡」第一 →(6月1日より)第三

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/03/20

ご本尊さま御開扉


3月18日午前11時より、
勅封の御本尊如意輪観世音菩薩さまの、
宮殿(くうでん)の御扉を開く法要が厳修されました。

法要には、三笠宮家彬子女王殿下をはじめ、
多くの方にご臨席賜り、
座主猊下の「開封の儀」が読み上げられた後、
勅使様によって、宮殿(くうでん)の御扉の封が切られ、
ご本尊さまのお姿が現れました。

20160320-2.jpg

今回は、恒例の33年に一度の恒例の御開扉ですが、
2009年の「花山法皇一千年御遠忌西国三十三所結縁総御開帳」の際に
御開扉されましたので、7年ぶりとなります。

20160320-1.jpg

御開扉は12月4 日(日)までです。
(なお、3月25日(金)は法要のため、
 一般の方の本堂内陣拝観受付は、法要終了後の12時30分からとなります。)

観音さまは私たちの願いをかなえてくださる仏さまです。
この機会に、ぜひご縁を結んでいただけましたら幸いです。

↓御開扉の詳細はこちらをクリックしてご覧ください

2016年ご開扉.jpg



また、豊浄殿では、同じ日に
御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)「ほとけの誓ひおもきいしやま」
が始まりました。

↓詳細はこちらをクリックしてご覧ください
2016-式部展ポスター2.jpg

通常、式部展は春と秋の2 回開催ですが、
今年は、御開扉と同じ3月18 日から12月4日まで開催します。
今回は、「石山寺の歴史と本尊」そして「石山寺と紫式部」という
大きな2つのテーマのもと、
平安時代の御本尊の御前立ちさまだった如意輪観音像、
「石山寺縁起絵巻」、「石山寺一切経」および「石山寺校倉聖教」、
「源氏物語絵巻 末摘花」(以上いずれも重要文化財)などを展示しています。

期間中何度か展示替えを行いますので、
石山寺ホームページ内の式部展の御案内ページのリスト(PDF)で
スケジュールをご確認下さい。

「幻の源氏物語絵巻」として知られる、
重要文化財「源氏物語絵巻 末摘花」は、
現在、最もよく知られる、第一段(上のポスターの左端の場面)を
公開しています。

本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と併せてご覧いただくと、
より石山寺を深く知っていただけると思います。
これからはお花が美しい季節ですので、
境内の散策がてら、豊浄殿へもぜひお立ち寄りください。


なお、本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前9時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで
※3月25日の内陣拝観受付は12時30分からになります。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展は、現在休止中です。
4月1日から再開いたします。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2009/12/16

また7年後に

西国三十三所観音霊場を中興された花山法皇の
一千年御遠忌を記念するため、
今年春と秋に特別御開扉されていた
勅封の秘仏、御本尊如意輪観世音菩薩さま。

本日15時に宮殿(くうでん=御厨子)のお扉が閉まりました。

ご本尊さまは、通常は33年に1度または、
天皇御即位の翌年にしか、お扉を開きません。

次回の御開扉は2016年の予定です。
これは33年に1度行われる通常の御開扉となります。

御開扉中は、本当にたくさんの方にお参りいただき、
観音さまとご縁を結んでいただきました。
ありがとうございました。

20091216東大門.jpg
五色の佛旗も今日までです。

2009/12/15

御開扉は16日15時までです

明日でご本尊さまのお扉が閉まります。
今日は朝から、
御閉扉法要の準備が慌ただしく行われています。

20091215-1本堂.jpg

午後から急に雨が降り出したり、
日が射したり、不安定なお天気です。
明日のお天気が気になります。


明日12月16日15時までご本尊さまのお扉が開いています。
次回の御開扉は2016年となります。


------------------------------------------------------------
御本尊御開扉についてのお問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
------------------------------------------------------------
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
------------------------------------------------------------

[ 1  2 ]