<   2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RSS

観音様のご縁日の最近のブログ記事

2016/07/19

ご開扉中日法要

観音さまのご縁日でもある昨日、
11時よりご開扉中日法要が厳修されました。
3月18日から12月4日までのご本尊さまのご開扉期間の、
ちょうど折り返し地点にあたる時期に行われるのが、
中日法要です。

昨日は、暑い中、お忙しいにもかかわりませず、
多くの方にご出席いただきました。

まずは、東大門から本堂までお練りが行われました。
僧侶の先導で、舞楽をご奉納いただく楽人に続き、
この度発足する石山寺護寺会発起人の皆さま、
法要を勤める僧侶、導師、舞人が本堂へ向かいます。

20160719-1.jpg

法要の最初に、
毎月第2日曜日に行なわれている写経会にご参加くださっている
みなさまより、観音経をご奉納いただきました。
また、舞人のみなさまによって、
ご本尊さまにお花がお供えされました。

そして、先日のブログフェイスブックでもご案内いたしました通り、
「石山寺縁起絵巻」第一巻に、
常楽会の舞楽の様子が描かれているゆかりから、
舞楽「蘭陵王」と「青海波」をご奉納いただきました。
「蘭陵王」と「青海波」は、
紫式部が石山寺で起筆した『源氏物語』にも登場します。

20160719-2.jpg 「蘭陵王」

20160719-3.jpg 「青海波」

舞楽の後の法要も滞りなく厳修され、
無事終了いたしました。

20160719-4.jpg

暑い中、ご来寺くださいましたみなさま、
ありがとうございました。

また、中日法要に際しましては、
多くの方にご尽力賜りましたこと、
御礼申し上げます。

ご本尊さまのご開扉は12月4日(日)まで続きます。
一人でも多くの方に、
観音さまとのご縁を結んでいただけましたら幸いです。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※7月1日より一部展示替えを行っています。
「石山寺縁起絵巻」第一巻第四段(鎌倉時代、重要文化財)
 →7月1日より 石山寺縁起絵巻第四巻第五段(室町時代、重要文化財)

「如意輪陀羅尼経」(石山寺校倉聖教のうち、平安時代、重要文化財)巻頭
 →7月1日より 巻尾に巻き替え

「良弁僧正像」(室町時代)
 →7月1日より 「理源大師聖宝像」(室町時代)

「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)
 →7月1日より8月31日まで「白描源氏物語絵巻」(江戸時代)
  ※9月1日から「源氏物語絵巻 末摘花」(江戸時代、重要文化財)の
   第4段詞・絵、第5段詞を展示します。

土佐光起筆「紫式部観月図」(江戸時代)
 →7月1日より 清原雪信筆「紫式部観月図」(江戸時代)

「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
 →7月1日より 中村大三郎筆「紫式部図」(近代)

浮田一蕙筆「源氏物語図 絵合・空蝉」(江戸時代)
 →7月1日より 住吉広定筆「源氏物語図 花散里・若紫・夕霧」(江戸時代)

「源氏小鏡」第三(室町時代)
 →7月1日より 第四

*次回の展示替えは9月1日です。

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg


ワークショップの詳細は、このバナーをクリックしてご覧ください。

ワークショップのバナー.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




2016/06/18

スイーツ巡礼

毎月18日は観音さまのご縁日。
この日お参りするとより多くの御利益が得られると
いわれています。
今日も朝早くから多くの方にお参りいただき、
ありがとうございました。


さて、西国三十三札所草創1300年記念事業の一つに、
「スイーツ巡礼」があります。
関西一円と岐阜に広がる三十三の札所をめぐる巡礼者は、
各札所の名物のお菓子よって、
疲れた身体を癒し、次の札所ヘ向かう鋭気を養ったことでしょう。
そのことにちなみ、観音さまとご縁を結びながら、
おいしいお菓子にも出会える「スイーツ巡礼」が企画され、
大変ご好評を得ているようです。

「スイーツ巡礼」公認の石山寺スイーツの一つが「石餅(いしもち)」。
石山寺には、明治時代の中ごろまで、
硅灰石を模し、観音さまと石のように固い絆で結ばれることを
祈って食された「石餅」という食べ物があったそうで、
「叶 匠壽庵」さんが、石山寺店限定で復元されたものです。

20160618-1.jpg

「叶 匠壽庵」さんの代表的なお菓子「あも」も、
「スイーツ巡礼」公認の石山寺スイーツの一つです。
西国三十三札所草創1300年記念事業の特別パッケージは、
石山寺店限定で販売されています。

20160618-2.jpg

石餅かき氷もこれからの季節にぴったりですね。

20160618-3.jpg

観音さまにお参りのあとは、
おいしいスイーツをお楽しみ下さい。


※「叶 匠壽庵」石山寺店は石山寺門前「寺前浪漫」内です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※6月1日より一部展示替えを行っています。

「大乗本生心地観経巻」第一(石山寺一切経のうち、重要文化財)
  →(6月1日より)「観世音菩薩如意摩尼陀羅尼経」(石山寺一切経のうち、重要文化財)
「三部曼荼」(石山寺校倉聖教のうち、重要文化財))
 →(6月1日より)朗澄筆「金剛三密鈔」第一(石山寺校倉聖教のうち、重要文化財)
「源氏物語絵巻 末摘花」(重要文化財)第1段 →(6月1日より)第3段
土佐光吉筆「源氏物語図色紙」若紫・葵→(6月1日より)夕顔・帚木
「源氏物語十二面色紙」夕顔・花宴→(6月1日より)空蝉・賢木
伝土佐光則筆「源氏物語図画帖」胡蝶→(6月1日より)明石
「源氏物語十二面画帖」竹河・東屋→(6月1日より)野分・柏木
 「源氏小鏡」第一 →(6月1日より)第三

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain





===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




2016/01/16

17・18日は初観音


20100118初観音.jpg

1月17、 18日は、初観音。
今年最初の観音さまのご縁日です。
観音さまは、わたしたちの願いをかなえて下さる
ほとけさまで、
この日お参りすると、
より多くのご利益を得られるといわれています。
通常は18日だけですが、
初観音は2日間となります。
そして、明日17日は日曜日。
この機会にぜひお参りください。

なお、好評の門前市「牛玉(ごおう)さん」は、
18日だけの開催です。



梅・桜の開花状況はこちら


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



「石山寺梅つくし」は2月11日から!

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016梅つくし.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩 御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで →12月4日まで延長します。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar 石山寺へのアクセス train




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2014/05/19

観音さまの日の青鬼まつり

20140518-1.jpg

めずらしく、毎月18日の観音さまのご縁日と重なった
青鬼まつり(毎年5月第3日曜日開催)。

青鬼まつりは、
石山寺屈指の学僧 朗澄律師(ろうちょうりっし、1132-1209)の
遺徳をしのぶ法要です。
朗澄律師は、石山寺のお経や聖教の収集・整備・保存に尽力された方で、
死後は鬼となって石山寺とお経や聖教を守るという誓い通りに、
お弟子さんのまえに鬼の姿となって現れたことが
「石山寺縁起絵巻」に記されています。

江戸時代にはご命日の5月14日に朗澄忌が行われていたようで、
お座主ではなかった朗澄律師が、
後世長きに渡って大切に思われていることからも、
その功績の偉大さがわかります。


さて、
9時30分 青鬼さんと座主、当山僧侶が
東大門へ向かいます。

20140518-2.jpg


青鬼さんの前で、
座主以下当山僧侶による法要が行われます。

20140518-3.jpg


3人の青鬼さんも焼香をし、
法要中東大門前に立ちます。

20140518-4.jpg


東大門前の法要が終わると、
朗澄律師ゆかりの遊鬼境でも読経します。
大きな石に刻まれているのは、
「石山寺縁起絵巻」に描かれた鬼の姿の朗澄律師です。

20140518-5.jpg


東大門前では、
地元の小学生たちによる青鬼太鼓が
披露されました。
今日のために一生懸命練習したそうです。

20140518-6.jpg


毎年好評の青鬼うちわの無料配布。
青鬼さんが一人ひとりに手渡しします。
今年は泣き出す子どもさんが少なかったような気がします。
用意した500枚があっという間になくなってしまいました。
せっかくお越しいただいたのに、
お渡しできなかった方、申し訳ありませんでした。

20140518-7.jpg


東大門前では、
みなさまが元気でより良い毎日が過ごせますことを願って、
降魔招福の薫風の授与が行われました。
また、18日は観音さまのご縁日でもあり、お参りいただくと
いつもより多くのご利益があるとされていますので、
このようなよい日にご縁を結んでいただけて嬉しく思います。

20140518-8.jpg


石山寺に住んでいる、
大津市観光キャラクター おおつ光ルくんも
青鬼さんと一緒に、お参りの皆さまをお迎えしました。

20140518-9.jpg


よいお天気に恵まれ、お陰様で無事、
今年も青鬼まつりが終えることができました。
お参り下さったみなさま、
青鬼まつり開催にあたってご尽力下さった石山観光協会のみなさま、
ありがとうございました。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2014年3月18日から6月30日まで

春季 石山寺と紫式部展
「歩く・見る・楽しむ 源氏物語の時空」

2014-01式部展.jpg ←詳細はこちらをクリック



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg





rvcar 石山寺へのアクセス train




===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報・
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================





2014/05/16

18日は観音様の日と青鬼まつり

毎月18日は観音さまのご縁日。
石山寺のご本尊如意輪観音さまは、
安産・福徳・縁結び・厄除けにご利益がありますが、
ご縁日にお参りするとより多くのご利益が得られると言われています。
午前中は本堂にて法要が行われ、
門前では「牛玉(ごおう)さん」という門前市が開催されます。

今月は日曜日にあたりますが、
同じ日に、毎年5月の第3日曜日に開催される
「青鬼まつり」も行われます。

20110515-2.jpg (2011年撮影)

「青鬼まつり」は、
お経や聖教の収集・整備・保存に尽力された
石山寺屈指の学僧朗澄律師(ろうちょうりっし、1132-1209)の
遺徳をしのぶおまつりです。

石山寺に伝わる「石山寺縁起絵巻」第6巻には、
「自分の死後は鬼となって石山寺のお経や聖教を守る」と誓い、
死後、お弟子さんの前に金色の鬼の姿となって現れたことが記されています。
このことにちなんで、毎年東大門には、
高さ約5メートルもある杉葉の青鬼さんがつくられます。

当日は、参道のお練りの後、
9時30分から東大門の青鬼像の前と遊鬼境で法要が行われます。
10時より、降魔招福の薫風の授与と「青鬼うちわ」の
無料配布(500枚、先着順)が行われます。

また例年好評の、
石山寺入山料(500円)+豊浄殿入館料(200円)+青鬼うちわ(500円)が
セットになった「青鬼祭セット券」(1000円)も販売いたします(100枚限定)。
 ※こどものセット券はありません。

なお、石山寺在住の大津市観光キャラクター おおつ光ルくんも
忙しい公務の合間をぬって、皆さまをお出迎えします。
(登場時間は10時から12時の予定)

20140509-3.jpg

観音さまのご利益をいつもより多くいただいた上、
降魔招福の薫風を受けられる機会は滅多にありません。

パワースポットとして近年注目されている、
天然記念物の硅灰石もぜひご覧いただきたいポイントです。

また、青葉が美しいこの季節、
境内の散策で心身共にリフレッシュできるかもしれませんね。

仏さまや自然の力をいただいて、
元気になっていただけると嬉しいです。

皆さまのお参りをお待ちしています。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2014年3月18日から6月30日まで

春季 石山寺と紫式部展
「歩く・見る・楽しむ 源氏物語の時空」

2014-01式部展.jpg ←詳細はこちらをクリック



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg





rvcar 石山寺へのアクセス train




===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報・
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================




[ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 ]