<   2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

RSS

今日の境内の最近のブログ記事

2014/01/10

うっすら雪化粧

20140110-1.jpg

全国的に冷え込んだ今朝、
石山寺もうっすら雪が積もりました。

雪国にお住いの方からすると、
このくらいは積もったうちに入らないかもしれませんが、
こうしてわざわざブログに掲載してしまうくらい、
石山周辺で雪が積もることは珍しいのです。

20140110-2.jpg 本堂

20140110-3.jpg 多宝塔

20140110-4.jpg 無憂園

20140110-5.jpg 本堂正面

20140110-6.jpg お地蔵さま

水車も凍てつき、微動だにしません。

20140110-7.jpg

撮影している間、
雪はみるみるうちに溶けていきました。

20140110-8.jpg

参道はこのとおり、
雪はありませんので、安心してお参りください。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg





rvcar 石山寺へのアクセス train




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報や
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2013/12/28

終不動


20131228-1.jpg

今日は今年最後のお不動さまのご縁日、
「終不動(しまいふどう)」でした。
午前中法要が行われ、
時折雪がちらつく寒いなか、
多くの方がお参り下さいました。
ありがとうございました。

石山寺のお不動さまは、
弘法大師さま御作と伝わる「厄除不動明王」さまです。
もとは境内にあった護摩堂のご本尊であったと
伝えられています。
お不動さまの日は毎月28日です。
次回は1月28日の「初不動」となります。
ぜひお参りください。

--------------------------------------------------

年末は通常通り、
午前8時から午後4時30分まで拝観できます。
(入山受付は午後4時まで)

--------------------------------------------------




rvcar 石山寺へのアクセス train




======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================


2013/12/18

終観音と注連縄作り

20131218-1.jpg 本堂正面

今年最後の観音さまのご縁日「終(しまい)観音」は、
あいにくの雨模様となりました。
足元が悪いなかお参りいただきましたみなさま、
ありがとうございました。

さて、石山寺では、毎年12月18日に
お正月用の注連縄を準備します。
今日は、東大門用の大きなもの1本と
ご神木用の3本を作りました。

20131218-2.jpg

注連縄飾りは30日に行います。

今年もあと残り2週間となりました。


年末は通常通り、
午前8時から午後4時30分まで拝観できます。
(入山受付は午後4時まで)




rvcar 石山寺へのアクセス train




======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================


2013/10/21

勢多唐橋東西大綱引合戦

20131017-0.jpg

去る10月19日。
石山寺からほど近い瀬田の唐橋(勢多の唐橋)にて、
世紀の大合戦が行われました。
京都と東国をつなぐ交通の要衝であるがゆえに、
数々の戦いの舞台となった瀬田の唐橋。
現代では地元にとっては大切な幹線道路でもある瀬田の唐橋を、
1時間完全に通行止めにして行われた前代未聞の合戦とは、
東軍・西軍各100名の綱武士による大綱引き!

今回初めてのこの大イベント。
当日は朝から雨が降っていましたが、
イベントの成功を後押ししてくれるかのように
ぴたりと止んでくれました。

おそろいのTシャツと陣笠に身を包んだ綱武士さんは、
東軍(赤)は建部大社さん、西軍(青)は石山寺で
必勝祈願をされました。

20131021-1.jpg 石山寺本堂にて

石山寺での必勝祈願にあたり、
お座主は「綱引きが無事終わるよう、
必勝祈願でなく、安全祈願いたします」と
おっしゃいました。
勝ち負けよりも、とにかく事故がなく無事に終わることが
何よりも大切なのです。

幟がはためく本日の戦いの舞台、瀬田の唐橋。

20131021-2.jpg

石山寺を後にした西軍は、
なんと石山寺港から船20隻で唐橋へ向かいます。

20131021-3.jpg

まるで時代劇のドラマや映画のような光景に、
見る側のテンションもあがります。
西軍は唐橋の中ノ島で東軍を待ちます。
少し遅れて、東軍は徒歩の行列で雲住寺前に到着。
そして、瀬田川を挟んで、
東軍・西軍の口上合戦が始まりました。

20131021-5.jpg 東軍「絶対に負けはせぬ!」


20131021-4.jpg 西軍「堂々と戦おう!」

そして14時。完全に唐橋が封鎖されました。
橋の中央に、長さ200m重さ350kgの紅白の綱を置き、
太鼓が鳴り響く中、越直美大津市長の掛け声で、
3番勝負が始まりました!

1番目の勝利は東軍。

20131021-7.jpg

観戦のみなさんの声援も飛び交います。


2番目に勝ったのは西軍。

20131021-6.jpg

なんと御年80歳の男性や、
女性の綱武士さんもいらっしゃいました。
性別・年齢関係なく、
みなさん一生懸命綱を引きます。

そして、3番目は...

20131021-8.jpg 大会委員長の判定は?



引き分けsign03




綱引き終了後、ある綱武士さんが、
「ぜんぜん知らないおばあさんが、
 私の手を取ってお疲れさんと言ってくれた。
 こういった、人との交流が嬉しい。
 これだけでも参加したかいがありました。」
とおっしゃっていました。
勝ち負けに関係なく、
参加した人も見ている人も楽しく元気になれるような、
そんなイベントだったように思います。

とにかく大きな事故もなく無事に終わったことが、
何よりです。
これも行政や警察など関係諸機関の多大なるご理解ご協力と、
地元のスタッフの皆さんの熱意と努力のおかげです。
皆さま大変お疲れ様でした。
楽しい時間をありがとうございました。

「楽しかった!」「おもしろかった!」「ぜひ来年も!」
という声も多く聞かれましたが、
さて、第2回目は......?



::::::::::::::::::::::::

なお、「勢多唐橋東西大綱引合戦」は、以下の番組で紹介されるそうです。
NHK「おうみ発610」(滋賀県のみ)
 10月23日18:10-19:00 「おうみ探検隊」のコーナー
NHK「ぐるっと関西おひるまえ」(近畿地区のみ)
 10月28日11:30-12:00
※いずれも国会中継や災害などで中止になることがあります。

西軍の綱武士頭を務められた川本勇さんの番組、
びわ湖放送「勇さんのびわ湖カンパニー」(滋賀県のみ)
でも放送されるそうですよ。
ぜひご覧ください。




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報や
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




2013/09/22

秋月祭終了と本日のオペラ

月見亭

19日から21日にわたって行われた秋月祭。
今年は3日間ともお天気に恵まれ、
無事終了いたしました。
期間中、多くの方々にご来寺いただき、
ありがとうございました。

20130922-2.jpg 蓮如堂とオリンピック!

本堂で行われた楽器の演奏や朗読などは、
秋らしいもの、源氏物語にちなんだもの、
どれも秋の夜を楽しむのにふさわしいものばかりで、
皆さまには充実した時間を過ごしていただけたのではないかと思います。

20130922-3.jpg

最終日の昨日、開門前には、
地元石山中学校の生徒さんによる太鼓の演奏がありました。
一生懸命練習されたかいあって、
みなさんとても凛々しく、迫力ある太鼓でした。

20130922-4.jpg

大津市観光キャラクターのおおつ光ルくん(石山寺在住)も
見守っていました。

近江八景の第一「石山の秋月」は
一生に一度は見ていただきたい美しさです。
今年お越し下さった方、残念ながらお越しいただけなかった方、
秋月祭は毎年行っておりますので、ぜひご来寺ください。

なお、本年の秋月祭は、
先日の台風18号によって境内各所で土砂崩れなどが発生し、
復旧と秋月祭の準備がほぼ同時進行という状況のなか、
開催にこぎつけ、無事終了することができました。
主催の石山観光協会をはじめ、
地元のみなさまおよび関係者のみなさまには
お忙しい中多大なご協力を賜りましたこと、
心から感謝し、厚く御礼申し上げます。
大変お疲れ様でした。



*******************

秋月祭に引き続き、
本日は、本堂にてオペラ「月の影」の公演があります。

20130922-5.jpg ←詳細はこちらをクリック

今回の公演は、テレビや新聞で大きく取り上げていただき、
広く注目されている公演です。
『源氏物語』のオペラを
紫式部・『源氏物語』ゆかりの石山寺の国宝本堂で上演されるとあっては、
オペラがお好きな方、『源氏物語』の愛読者の方はもちろん、
そうでない方も気になる公演ではないでしょうか。

今回の公演は2回公演ですが、
18時からの第1回公演は完売し、
19時45分からの第2回公演は若干残席があります。
チケットは、一般社団法人 石山観光協会または
本日の拝観時間内に本堂入口でも販売しています。
当日券は15時より東大門前に設置される受付でお求めください。
なお、第1回公演は完売ですが、
立見席を17:45より東大門前で若干数販売されるそうです。

聖地ともいえる場所での公演ということで、
作曲・指揮の尾上和彦先生をはじめ、
出演者やスタッフのみなさまの意気込みは大変なものです。
石山寺本堂で、日本が誇る世界最古の長編小説『源氏物語』と
ヨーロッパの歴史ある芸術の一つ「オペラ」の融合を
ごゆっくりお楽しみください。

本日のオペラの公演に際しましては、
参道に置かれた『源氏物語』の行燈が皆さまをお迎えいたします。

20130922-6.jpg

石山寺所蔵の『源氏物語画帖』に収められた
全54枚の絵を使用した行燈です。
『源氏物語』の名場面を楽しみながらお進みください。


::::::::::::::::::::::::::::::

秋季「石山寺と紫式部」展(豊浄殿、11月30日まで)
2013-02秋季式部展.jpg
↑クリックすると詳細がご覧いただけます。



※淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg


===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
オペラ「月の影」のお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================






前の5件 [ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 ]