<   2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

RSS

今日の境内の最近のブログ記事

2016/05/07

石山祭と青鬼づくり


当山の鎮守 三十八所権現社は、
本堂の東側の硅灰石の上にあり、
日本古来の神々以下三十八代目の天智天皇様までを
お祀りしています。
その三十八所権現社の大祭が「石山祭」で、
毎年5月5日に行われています。

この日は、石山寺の少し南にある新宮神社からお神輿がやってきます。
新宮神社は、国分の近津尾神社までお参りに行っていた寺辺の人々のため、
江戸時代に石山寺が三十八所権現を勧請して作られました。
(「新宮」とは、「古宮」である三十八所権現社に対して、
 「新しい宮」という意味です。)

稚児行列と子供神輿2基、大人神輿1基は、
東大門を入って参道を進み、
急な大坂(おおざか)を昇ります。

20160507-1.jpg

そして、お神輿に乗ってこられた新宮の神々が、
古宮(三十八所権現)にご挨拶されるため、
三十八所権現社の南側にある蓮如堂(重要文化財)に入ります。

間もなく、神官と当山僧侶が集会して神事が始まります。
神官が祝詞を読む間、僧侶は「般若心経」を唱えています。

20160507-2.jpg

現在、「蓮如堂」と呼んでいるお堂は、
浄土真宗中興の祖である蓮如さまをお祀りしていますが、
元来は三十八所権現社の拝殿です。
通常は東側から蓮如聖人をお参りするようになっていますが、
神事の際は三十八所権現社がある北側の扉を開けて使用します。

御幣振りと舞姫は、地元の小学生が務めます。

20160507-3.jpg

多くの人が見守る中、大人でも緊張するような大役を
立派に果たされました。

神事が終わると、今年は
硅灰石前で、青鬼太鼓が披露されました。

20160507-4.jpg

子どもたちの勇壮な太鼓の音は、
お祭りを盛り上げてくれました。

そして、お神輿はゆっくりと石段を下り、
また新宮神社に戻ります。

20160507‐5.jpg

今年もよいお天気に恵まれ、
また、多くの地元の方のご参加、ご協力により、
おかげさまで無事お祭りが終わりました。
大変お疲れさまでした。


*************

そして、翌日6日には、
5月15日(日)に開催される「青鬼まつり」のため、
東大門に青鬼さんがお目見えしました。

20160507-6.jpg

高さ約5m。右手に金棒、左手に数珠を持ち、
その迫力に圧倒されそうですが、
どことなくユーモラスな部分もある親しみやすい青鬼さんです。

実は、この青鬼さんは、
石山寺屈指の学僧朗澄律師(ろうちょうりっし、1132-1209)のお姿です。
朗澄律師は、お経や聖教の収集・整備・保存に尽力された方で、
「石山寺縁起絵巻」第6巻には、
「自分の死後は鬼となって石山寺のお経や聖教を守る」と誓い、
死後、お弟子さんの前に金色の鬼の姿となって現れたことが記されています。

その朗澄律師の遺徳を偲ぶお祭りが、
「青鬼まつり」です。

 昨年の青鬼まつりの様子→こちら


昨日は朝早くから、地元の皆さまと当寺の職員が、
軽トラック3台分の杉の葉を使って完成させました。
お陰様で今年も立派な青鬼さんとなりました。

お忙しいなか、青鬼づくりにご参加いただいたみなさま、
お疲れ様でした。ありがとうございました。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

石山寺のFacebook公式ページを立ち上げました。


↓こちらのバナーをクリックしてご覧ください。
大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前8時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

※5月9日より一部展示替えを行います。
 「石山寺縁起絵巻」(重要文化財)第1巻第1段 →(5月9日より)第1巻第4段
 「源氏物語絵巻 末摘花」(重要文化財)第1段 →(5月9日より)第2段
 「源氏小鏡」第一 →(5月9日より)第二

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展

 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain

ゴールデンウイーク中は周辺道路が混み合いますので、
お時間に余裕を持ってご来寺下さい。




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
青鬼まつり、ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/03/26

西国三十三所草創1300年開白法要


西国三十三所とは、
近畿2府4県と岐阜県にある観音霊場の33の札所のことです。
この札所となっている33の寺院を順番に巡ってお参りする「巡礼」は、
平安時代から始まり、
2018年に草創1300年を迎えます。

33札所が組織する「西国三十三所札所会」では、
このことを記念し、
2016年から2020年までの5年間で、
様々な記念行事を行うことになりました。

その幕開けとなる「西国札所草創1300年記念開白法要」は、
25日11:30より石山寺にて、
三十三か寺の御山主猊下がご参集され、
当山座主猊下(西国三十三所札所会会長)が導師を勤められ、
厳修されました。

法要に先立ち、明王院前から本堂まで、
長谷寺さまから到着した法灯を先頭とし、
御山主猊下のお練りが行われました。

20160325-1.jpg

とても1枚の写真に収まらない御山主猊下の長い行列は、
壮観です。
ご参拝の方や報道陣が見守る中、本堂へ続きます。

本堂では、まず、ご詠歌を背景に、
長谷寺さまからの法灯が献灯されました。

この法灯は、1300年記念行事の一つ、
「徒歩巡礼法灯リレー」によって、
石山寺へ運ばれました。

20160325-3.jpg

「徒歩巡礼法灯リレー」は、記念行事の一つで、
古道を歩いて1300年前の巡礼を再現するものです。
よく見ると、徒歩先達のみなさまは草鞋を履いておられます。
写真の左が正、右が副の法灯です。

法要は、18日にご開扉されたばかりの
如意輪観音さまのご宝前で行われ、
多くの関係者や先達さまがご多忙の中ご出席くださいました。

20160325-2.jpg

長谷寺さまからの法灯を受け継いだ石山寺の法灯は、
再び「徒歩巡礼法灯リレー」によって、
次の第一番札所青岸渡寺さまに伝えられます。

20160325-4.jpg

この日はとても寒く、
法要前はみぞれのような雨も少し降りましたが、
雲間からお日さまの光が届き、
無事、法要を終えることができました。
これも観音さまのおかげでしょう。

観音さまは、少しでも早く人々の願いを叶えるため
33のお姿に変化して、私たちを救済してくださる仏さまです。
どうぞこの記念すべき年に、33の観音さまとご縁を
結んでいただけましたら幸いです。

なお、西国札所草創1300年記念行事の詳細はこちらをご覧ください。
西国三十三所札所ホームページ http://www.saikoku33.gr.jp




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで

※本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前9時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展は、現在休止中です。
4月1日から再開いたします。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/03/20

ご本尊さま御開扉


3月18日午前11時より、
勅封の御本尊如意輪観世音菩薩さまの、
宮殿(くうでん)の御扉を開く法要が厳修されました。

法要には、三笠宮家彬子女王殿下をはじめ、
多くの方にご臨席賜り、
座主猊下の「開封の儀」が読み上げられた後、
勅使様によって、宮殿(くうでん)の御扉の封が切られ、
ご本尊さまのお姿が現れました。

20160320-2.jpg

今回は、恒例の33年に一度の恒例の御開扉ですが、
2009年の「花山法皇一千年御遠忌西国三十三所結縁総御開帳」の際に
御開扉されましたので、7年ぶりとなります。

20160320-1.jpg

御開扉は12月4 日(日)までです。
(なお、3月25日(金)は法要のため、
 一般の方の本堂内陣拝観受付は、法要終了後の12時30分からとなります。)

観音さまは私たちの願いをかなえてくださる仏さまです。
この機会に、ぜひご縁を結んでいただけましたら幸いです。

↓御開扉の詳細はこちらをクリックしてご覧ください

2016年ご開扉.jpg



また、豊浄殿では、同じ日に
御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)「ほとけの誓ひおもきいしやま」
が始まりました。

↓詳細はこちらをクリックしてご覧ください
2016-式部展ポスター2.jpg

通常、式部展は春と秋の2 回開催ですが、
今年は、御開扉と同じ3月18 日から12月4日まで開催します。
今回は、「石山寺の歴史と本尊」そして「石山寺と紫式部」という
大きな2つのテーマのもと、
平安時代の御本尊の御前立ちさまだった如意輪観音像、
「石山寺縁起絵巻」、「石山寺一切経」および「石山寺校倉聖教」、
「源氏物語絵巻 末摘花」(以上いずれも重要文化財)などを展示しています。

期間中何度か展示替えを行いますので、
石山寺ホームページ内の式部展の御案内ページのリスト(PDF)で
スケジュールをご確認下さい。

「幻の源氏物語絵巻」として知られる、
重要文化財「源氏物語絵巻 末摘花」は、
現在、最もよく知られる、第一段(上のポスターの左端の場面)を
公開しています。

本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と併せてご覧いただくと、
より石山寺を深く知っていただけると思います。
これからはお花が美しい季節ですので、
境内の散策がてら、豊浄殿へもぜひお立ち寄りください。


なお、本尊如意輪観世音菩薩さまの特別拝観と豊浄殿をご覧になる場合は、
石山寺入山料(600円)と御本尊さま特別拝観料(500円)と
豊浄殿入館料(300円)が一緒になった
「セット券」(1,200円、30名以上の団体は1,100円)をご利用ください。

セット券は、志納所(東大門から100メートル進んだ右側)にて、
午前9時から午後3時30分までお取扱いしております

なお、本堂内陣における本尊如意輪観世音菩薩の特別拝観の受付は、
午前9時から午後4時まで

豊浄殿の開館時間は午前9時から午後4時(入館は午後3時45分まで)ですので、
お時間に余裕を持ってご来寺いただけましたら幸いです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで
※3月25日の内陣拝観受付は12時30分からになります。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「54歩で読む『源氏物語』」展は、現在休止中です。
4月1日から再開いたします。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================





2016/02/27

初午さん


毎年2月の最後の土曜日に行われる「大森稲荷初午祭」を
「初午さん」といいます。
稲の神、田の神という石山寺の鎮守、大森稲荷大明神に
豊作と商売繁盛を祈るお祭りです。

例年通り、地元の子どもたちも法要に参列し、
お神輿を担いで境内の大坂下まで進み、
親神さまにご挨拶をしてから、
新宮神社へ向かいました。

20160227-1.jpg

今年もよいお天気に恵まれ、
子どもたちも元気いっぱいお神輿を担いでくれました。

毎年お世話をして下さる地域の皆さま、
ありがとうございました。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



「石山寺梅つくし」開催中!

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016梅つくし.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本尊如意輪観世音菩薩 御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


御開扉記念特別展示(石山寺と紫式部展)
「ほとけの誓ひおもきいしやま」
2016年3月18日から12月4日まで

詳細はこちら↓
2016年式部展.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで →12月4日まで延長します。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg

※行事のため2016年3月1日(火)から3月31日(木)まで休止いたします。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar 石山寺へのアクセス train




===========================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
===========================
石山寺周辺の観光情報、御本尊御開扉
石山寺梅つくし
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===========================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===========================




2015/12/13

大掃除

12月13日は、事始めの日。
すす払いをしてお正月の準備を始める日です。
石山寺でも毎年この日に大掃除を行ないます。

20151213-1.jpg

今日は朝早くから、
座主猊下総指揮の元、
今年も一年無事に過ごさせていただいた感謝をこめて、
職員総出で本堂の大掃除を行いました。

紅葉のシーズンも終わり、静かな境内ですが、
実は、12月はすでに1日から、
新年を迎えるための準備が着々と行われています。
今日の大掃除もその一つです。
今後も、仏具磨きや、障子の張り替え、
またお餅つき・しめ縄飾りづくりの準備等々、
忙しい毎日が続きます。


なお、18日は今年最後の観音さまの日「終観音」です。
この日お参りするとより多くの功徳が得られるとされています。
午前10時からは本堂にて法要がありますので、
ぜひお参り下さい。
また、毎月観音様の日に開かれる
「牛玉(ごおう)さん」という門前市(午前9時から午後3時くらいまで)は、
年末らしい品揃えのお店で賑わいます。
お早めにお越しください。

年末は通常通り、
午前8時から午後4時30分まで拝観できます。
(入山受付は午後4時まで)



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


【重要なおしらせ】
2015年4月1日より入山料が改定されました。
詳細はこちらをクリック↓
入山料改定について


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


本尊如意輪観世音菩薩 御開扉

↓クリックすると詳細がご覧いただけます。
2016年ご開扉.jpg

期間:2016年3月18日から12月4日まで



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



もっと石山寺を知りたい方は、
ボランティアガイドと巡る石山寺ツアー
をご利用ください。
詳細はこちら↓

ボランティアガイド.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報・本尊如意輪観音御開扉
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================





前の5件 [ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 ]