<   2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

RSS

今日の境内の最近のブログ記事

2014/09/09

秋月祭

20140909-1.jpg 月見亭と中秋の名月

9月6日から8日まで行われていた秋月祭が
無事終了しました。
秋月祭は、中秋の名月を含む3日間または2日間に
開催されるので、
今年は9月上旬という例年より早い開催となりました。


1日目は、夕方の開門のころに土砂降りとなり、
どうなることかと思いましたが、
足元が悪い中、多くの方がご来寺下さいました。
残念ながらお月様は見られませんでしたが、
本堂でのHIKOTAさんの「舞と朗読で綴る源氏物語」での
早変わりで現われる源氏物語の登場人物の妖艶な舞や、
まつうらようこさんのまっすぐのびる美しい「病みつきボイス」に
すっかり魅了された方も多かったのではないでしょうか。


20140909-2.jpg 参道の灯籠


2日目は、無事お月さまも顔を出し、
本当に多くの皆様がお越しくださいました。
本堂で行われた「源氏物語ひとり物語&能管演奏」は、
ご好評いただいている催しの一つで、今年3回目。
すっかりお二人のファンになって、
楽しみにしてくださっている方も多いかと思います。
続くKusuyoさんのシャンソンコンサートも満員御礼!
境内に素敵な歌声が響きました。
開門前には、地元の小学生のみなさんが、
迫力ある青鬼太鼓を披露してくれました。


20140909-3.jpg 硅灰石前のヨシあかり


そして中秋の名月にあたる3日目。
旧暦の八月十五日にあたるこの日は、
石山寺に参籠中の紫式部さんが、
湖面に映える月を眺めているうちに、
脳裏に浮んだ物語の情景をとっさに書き留められたとされ、
この一節が後に『源氏物語』の須磨・明石に生かされたといいます。
このことから、石山寺では午前中、
式部さんの供養法要を行っています。
今年も、副座主手作りの一汁三菜の御膳を、
ススキや萩などの秋の草花、秋の果物と野菜、サトイモ、
お月見団子とともに、源氏の間にお供えしました。


20140909-4.jpg 源氏の間


夜は、平日にもかかわらず、
広い境内が狭く感じられるほど多くの方が
お越しくださいました。
月見亭の上方にぽっかり浮かんだ石山の秋月は、
言葉にできない美しさでした。

20140909-5.jpg

すぐそばの多宝塔では、よし笛の演奏が行われ、
その音色は、お月見にふさわしい素朴で穏やかな音色でした。


いつもは東大門や参道で皆様をお迎えする
大津市観光キャラクターのおおつ光ルくん(石山寺在住)も
やさしい月光に誘われたのか、
めずらしく月見亭でお月見です。

20140909-6.jpg

秋月祭が無事に終了できたのも、
ご来寺いただいた皆さま、
ご出演いただいた皆さま、
スタッフの皆さんのおかげと感謝しております。
ありがとうございました。

なお、今回の秋月祭の様子は、
さまざまなテレビや新聞などに取り上げていただきました。
ご取材いただきました各社に御礼申し上げます。

秋月祭は終わりましたが、
式部展勢多唐橋東西大綱引合戦、紅葉ライトアップと
秋の行楽シーズン中、まだまだ行事は続きます。


この機会にぜひ石山寺へお参りください。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



9月1日(月)より開催中
秋季「石山寺と紫式部」展(豊浄殿、11月30日まで)

2014-02秋春季式部展ポスター.jpg
↑クリックすると詳細がご覧いただけます。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



もっと石山寺を知りたい方は、
ボランティアガイドと巡る石山寺ツアー
をご利用ください。
詳細はこちら↓

ボランティアガイド.jpg




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



唐橋を制する者は天下を制す!
「勢多唐橋東西大綱引合戦」

2014勢多唐橋綱引き1.jpg
詳細はバナーをクリック!(石山寺ホームページから離れます)

2014年10月19日、
日本のど真ん中の瀬田の唐橋で、
東西に分かれての大綱引き合戦が行われます。

唐橋綱引き綱武士募集.jpg

現在、綱武士募集中!ぜひご参加ください。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*




rvcar石山寺へのアクセスtrain




===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報・紅葉ライトアップ
勢多唐橋東西大綱引合戦
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================





2014/08/10

昨日の千日会

20140810-1.jpg

昨日の千日会には、
台風接近の影響による大雨にもかかわりませず、
多くの方にお参りいただき、ありがとうございました。
夕方からの毘沙門踊りと花火大会が
天候の関係で中止となってしまったことは、
本当に残念でした。

提灯に吊り下げていたお塔婆は、
今朝とりはずして乾かし、
約一週間拝み込んで、
16日の送り火法要でお焚き上げいたします。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


唐橋を制する者は天下を制す!
「勢多唐橋東西大綱引合戦」

唐橋綱引き1.jpg 詳細はバナーをクリック!

2014年10月19日、
日本のど真ん中の瀬田の唐橋で、
東西に分かれての大綱引き合戦が行われます。

唐橋綱引き綱武士募集.jpg

現在、綱武士募集中!ぜひご参加ください。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg





rvcar 石山寺へのアクセス train




===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報・
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================





2014/05/19

観音さまの日の青鬼まつり

20140518-1.jpg

めずらしく、毎月18日の観音さまのご縁日と重なった
青鬼まつり(毎年5月第3日曜日開催)。

青鬼まつりは、
石山寺屈指の学僧 朗澄律師(ろうちょうりっし、1132-1209)の
遺徳をしのぶ法要です。
朗澄律師は、石山寺のお経や聖教の収集・整備・保存に尽力された方で、
死後は鬼となって石山寺とお経や聖教を守るという誓い通りに、
お弟子さんのまえに鬼の姿となって現れたことが
「石山寺縁起絵巻」に記されています。

江戸時代にはご命日の5月14日に朗澄忌が行われていたようで、
お座主ではなかった朗澄律師が、
後世長きに渡って大切に思われていることからも、
その功績の偉大さがわかります。


さて、
9時30分 青鬼さんと座主、当山僧侶が
東大門へ向かいます。

20140518-2.jpg


青鬼さんの前で、
座主以下当山僧侶による法要が行われます。

20140518-3.jpg


3人の青鬼さんも焼香をし、
法要中東大門前に立ちます。

20140518-4.jpg


東大門前の法要が終わると、
朗澄律師ゆかりの遊鬼境でも読経します。
大きな石に刻まれているのは、
「石山寺縁起絵巻」に描かれた鬼の姿の朗澄律師です。

20140518-5.jpg


東大門前では、
地元の小学生たちによる青鬼太鼓が
披露されました。
今日のために一生懸命練習したそうです。

20140518-6.jpg


毎年好評の青鬼うちわの無料配布。
青鬼さんが一人ひとりに手渡しします。
今年は泣き出す子どもさんが少なかったような気がします。
用意した500枚があっという間になくなってしまいました。
せっかくお越しいただいたのに、
お渡しできなかった方、申し訳ありませんでした。

20140518-7.jpg


東大門前では、
みなさまが元気でより良い毎日が過ごせますことを願って、
降魔招福の薫風の授与が行われました。
また、18日は観音さまのご縁日でもあり、お参りいただくと
いつもより多くのご利益があるとされていますので、
このようなよい日にご縁を結んでいただけて嬉しく思います。

20140518-8.jpg


石山寺に住んでいる、
大津市観光キャラクター おおつ光ルくんも
青鬼さんと一緒に、お参りの皆さまをお迎えしました。

20140518-9.jpg


よいお天気に恵まれ、お陰様で無事、
今年も青鬼まつりが終えることができました。
お参り下さったみなさま、
青鬼まつり開催にあたってご尽力下さった石山観光協会のみなさま、
ありがとうございました。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2014年3月18日から6月30日まで

春季 石山寺と紫式部展
「歩く・見る・楽しむ 源氏物語の時空」

2014-01式部展.jpg ←詳細はこちらをクリック



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg





rvcar 石山寺へのアクセス train




===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報・
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================





2014/05/10

青鬼さんづくり

20140509-1.jpg

18日(日)に開催される青鬼まつりのため、
東大門前に青鬼さんが登場しました。

昨日は朝早くから、地元の皆さまと当寺の職員が、
軽トラック2台分の杉の葉を使って完成させました。
高さ約5m。右手に金棒、左手に数珠を持ち、
その迫力に圧倒されそうですが、
どことなくユーモラスな部分もあって、
親しみやすい青鬼さんです。

20140509-2.jpg 胸毛は棕櫚を張り付けています。

実は、この青鬼さんは、
石山寺屈指の学僧朗澄律師(ろうちょうりっし、1132-1209)のお姿なのです。
朗澄律師は、お経や聖教の収集・整備・保存に尽力された方で、
「石山寺縁起絵巻」第6巻には、
「自分の死後は鬼となって石山寺のお経や聖教を守る」と誓い、
死後、お弟子さんの前に金色の鬼の姿となって現れたことが記されています。

朗澄律師の思いは後世の僧侶にも引き継がれ、
現在、石山寺には重要文化財の「石山寺一切経」約4600点
および「石山寺校倉聖教」約2000点のほか、
「石山寺深密蔵聖教」約20000点なども伝わっていますが、
今もなお、朗澄律師が守っておられるからこそ、
質・量ともに貴重な経典・聖教類は散逸することなく
お寺にとどまったのではないでしょうか。

朗澄律師は1209年5月14日に亡くなられました。
律師の遺徳をしのび、毎年ご命日に近い5月の第3日曜日に
青鬼まつりを行っています。

今年の青鬼まつりは観音さまのご縁日(18日)にあたります。
観音さまのご縁日にお参りすると、
より多くの功徳が得られるといわれています。
また、門前では月に一度のお楽しみ、
門前市「牛玉(ごおう)さん」も開催されます。
石山寺在住の大津市観光キャラクター おおつ光ルくんも登場予定!
この機会にぜひお参り下さい。

20140509-3.jpg

お陰様で今年も立派な青鬼さんとなりました。
お忙しいなか、青鬼づくりにご参加いただいたみなさま、
お疲れ様でした。ありがとうございました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2014年3月18日から6月30日まで

春季 石山寺と紫式部展
「歩く・見る・楽しむ 源氏物語の時空」

2014-01式部展.jpg ←詳細はこちらをクリック



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




淳浄館では、「54歩で読む『源氏物語』」展を開催しています。
  2016年11月30日まで。入場無料。
 詳細はこちら↓
54歩で読む源氏物語.jpg





rvcar 石山寺へのアクセス train


この時期、道路や駐車場が混み合いますので、
時間に余裕をもってお越しください。


===================================
安産・福徳・縁結・厄除
石山寺 Tel:077-537-0013
===================================
石山寺周辺の観光情報・
ボランティアガイドのお問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
===================================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600
===================================





2014/05/08

花まつり

20140508-1.jpg

お釈迦さまのお誕生をお祝いする「花まつり」。
通常、4月8日に行われることが多いですが、
石山寺では毎年1か月遅れの5月8日に行っています。

今日は本堂でお釈迦様の誕生仏をおまつりし、
ご参拝のみなさまも甘茶をかけてお祝いして下さいました。
お釈迦さまになぜ甘茶をかけるのでしょうか。

お釈迦さまはルンビニー公園(現在のネパール)で、
お母さまの摩耶夫人の右腋から誕生されましたが、
生まれてすぐ七歩歩んで、
右手で天を指し、左手で地を指しながら、
「天上天下唯我独尊」とおっしゃったといいます。
そしてこの時甘露の雨が降ったことにちなみ、
甘茶をかけるのです。

誕生仏を安置する花御堂(はなみどう)の屋根は、
先日地元で摘んできた蓮華の花で飾ります。

20140508-2.jpg

これは昔から伝わる石山寺独特の飾り方です。
最近あまりみかけない蓮華の花に、
ご参拝の方もびっくりされたり、懐かしがったりされていました。



前の5件 [ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14 ]