「平安時代寛弘元年(1004)紫式部は新しい物語を作るために石山寺に七日間の参籠をしていた。村上天皇皇女選子内親王がまだ読んだことがない珍しい物語を一条院の后上東門院に所望したが、手許に持合わせのなかった上東門院が女房の紫式部に命じて新作の物語を書かせようとしたので式部は祈念のため籠ったのである。折しも八月十五夜の月が琵琶湖に映えて、それを眺めていた式部の脳裏にひとつの物語の構想が浮び、とりあえず手近にあった大般若経の料紙に『今宵は十五夜なりけりと思し出でて、殿上の御遊恋ひしく…』と、ある流謫の貴人が都のことを想う場面を書き続けていった。源氏物語はこのように書き始められ、その部分は光源氏が須磨に流され十五夜の月の都での管絃の遊びを回想する場面として須磨巻に生かされることになった。」

石山寺縁起や源氏物語の古注釈書である河海抄をはじめとしていろいろの書物に記されれているこの源氏起筆の物語は、古くから心ある人々の親しまれて来て、石山寺と 源氏物語、紫式部はともに語られることが多い。式部の参籠したという部屋は源氏の間として保存され、またその時使用したといわれる硯も今に伝えられている。そして折々に人々は源氏物語や紫式部に因んだ美術品や文学作品を石山寺に寄せて平安朝のいにしえをしのぶよすがとしてきた。
それらの中には、有名な石山寺縁起、土佐光起筆とされる源氏物語末摘花巻、あるいは各時代にわたる式部の画像(その多くが湖面に映る月を眺めて物語の想を練っている図柄である)の数々、あるいは白河藩主楽翁の寄進にかかる源氏物語、江戸時代初期の貴顕が一帖宛分担書写した寄合書源氏物語などがあり、また源氏物語に因んで文人たちが奉納した和歌・俳諧・紀行も多くを数え、石山寺と紫式部に心を寄せる風雅の士がいかに多かったかを示している。
白河藩主楽翁松平定信が寄進した源氏物語五十四帖はそれら逸品の一である。題簽を名筆家近衛三藐院信伊が端麗な筆蹟で記し、本文は幕府御連歌師里村玄陳(紹巴の孫)が定家風の筆致で書写しているというだけでなく、表紙は各帖ごとにさまざな美しい型押しや墨流しで飾られ、全巻を納める箱もそれ以上に贅を尽くしたものである。
 
源氏物語に因んで詠まれた和歌の中にも珍しいものがある。江戸時代の代表的古典学者で源氏物語湖月抄の著があり、和歌俳諧も能くした北村季吟が宝永元年(1704)八十一才の時奉納した源氏物語巻々和歌の自筆巻物、賀茂社の神官で源氏研究家であった鴨祐為が安永二年(1773)に、例の「こよひはじふごやなりけり…」の各文字を歌の上の句と下の句の頭に冠して百首詠じた源氏物語冠和歌などがある。祐為はほかにも源氏物語和歌数種を遺し、また紫式部の愛すべき小像を自ら刻んでおり、その傾倒ぶりがうかがえる。
このように、物語が誰によってどのように書かれたかということに深い関心が寄せられて来たのは源氏物語をおいて他に例がない。
それは石山寺の観音信仰が分かちがたく結びついているからであろう。石山に詣で、観音に祈る人々は、同時に昔日ここへ来て物語を書いたという紫式部に思慕の念を懐いたにちがいない。因みに、中世に於いては、物語の想を練る式部の姿に観音にオーバーラップさせた画像が作られ、紫式部即観音の信仰があったのである。

 
 
総合案内HOME | 石山寺 | 式部クラブ | 周辺情報 | 瀬田川リバークルーズ | お問い合せ
 
宗教法人 石山寺、一般社団法人 石山観光協会 提供:当HPに掲載の記事・写真および図版の無断転記を禁じます。