54歩で読む源氏物語

紫式部と『源氏物語』ゆかりの石山寺。 2012年秋の「石山寺と紫式部」展にはじまった「54歩で読む『源氏物語』」のパネル展示は、大変御好評いただき、このたび2016年11月まで継続して行うこととなりました。

この展示は、石山寺所蔵の「源氏小鏡」の挿絵54枚にあらすじがついており、「桐壺」からはじめて1歩ずつ読み進め、「夢浮橋」までたどりつくと、長くてわかりづらいと思われがちの『源氏物語』がたった54歩で「完読」できるというもの。挿絵にも説明がついているので、子どもさんにもわかる内容になっています。

会場の様子
会場の様子

会場の様子

完読できたら、石山寺オリジナルのスタンプを押すことができます。

会場は石山寺淳浄館。拾翠園というお庭の中にあります。『源氏物語』誕生の地 石山寺で、『源氏物語』をゆっくりじっくりお楽しみください。

◆「54歩で読む『源氏物語』」実施要領

マップ
■会期:
2012年7月1日(月) ~ 2016年11月30日(水)
御本尊御開扉にあわせ12月4日(日)まで延長します。
■時間:
午前8時ごろから午後4時ごろまで
■料金:
無料
(石山寺にお参りされる際は、別途入山料が必要です)
■会場:
石山寺 淳浄館(じゅんじょうかん)
(東大門を入って50m進んだ右側)

※行事等で御覧いただけない場合もございますので、ご了承下さい。

◆石山寺蔵「源氏小鏡」とは

『源氏物語』の梗概書

「源氏小鏡」は室町時代に成立した『源氏物語』の梗概書(こうがいしょ=あらすじや概略を記した書物)の一つです。 写本や版本などいくつかの系統が伝わっていますが、石山寺所蔵の「源氏小鏡」は、5冊からなる写本で、 54帖すべての帖に1枚ずつ肉筆の挿絵がついています。

このように54枚の挿絵が揃った写本は、石山寺の他にはドイツのバイエルン州立図書館の所蔵が確認されており、 今のところ世界に2例しかない貴重なものです。

◆出版物のご案内

この展示が本になりました!
石山寺源氏小鏡―絵で読む五十四帖―
『石山寺源氏小鏡 -絵で読む五十四帖-』
1,800円
表紙が選べてわかりやすいあらすじ本
絵本 源氏物語 石山版
『絵本 源氏物語 石山版』
1,300円 / 豪華本(ケース付)1,600円

どちらも、石山寺境内(本堂・豊浄殿など)でのみご購入いただけます。
通信販売はしておりませんので、ご了承ください。

◆拾翠園について

石山寺の東大門を入って50mほど進んだ右側にある緑が美しい庭園。
慶長年間に淀殿寄進によって整備されたお庭です。秋には紅葉も楽しめます。
門を入って右側にある建物が、「54歩で読む『源氏物語』」の会場 淳浄館(じゅんじょうかん)です。 お履き物を脱いでおあがりください。
門を入ってすぐ左手にあるのはお休み所。完読スタンプはこちらに設置しています。 豊浄殿で「石山寺と紫式部展」開催中は、お茶席が設けられ、お土産が購入できます。

拾翠園

お問い合わせ先: 大本山 石山寺
〒520-0861 滋賀県大津市石山寺1-1-1
Tel:077-537-0013 / FAX:077-533-0133