石山寺もみじライトアップ 11/16(土)〜24(日) 同時開催:石山寺 狂言十八番

能や文楽など、芸能に縁の深い石山寺に、今度は狂言を根付かせようと、京都の大学生たちが中心となって、九日間にわたり、狂言を奉納します。 紅葉を照らす灯火の中に現れる狂言の風景、ごゆるりとお楽しみ下さい。

石山寺もみじライトアップパンフレットダウンロードはこちら 主催:大本山石山寺/一般社団法人石山観光協会
共催:ライトアップ大津推進協議会 協力:信楽町観光協会

これまでの奉納及び解説の様子

狂言とは?

室町時代から受け継がれてきた伝統芸能。と言っても、堅苦しいものではありません。庶民たちの日常生活をコミカルに切り取り、見ている中に自然と笑みがこぼれるような、面白可笑しいお芝居です。

出演

◎京都学生狂言研究会

京都の大学生たちが狂言を実践かつ研究する会。大蔵流狂言師 木村正雄および網谷正美に師事。

◎伊呂波会

京都学生狂言研究会の卒業生を中心に、狂言を愛する者が集まる会。大蔵流狂言師 木村正雄に師事。京都、東京、大阪、彦根で活動している。

狂言十八番 奉納番組

『石山寺縁起絵巻』をもとにした新作狂言『石山寺霊験』(作・木村正雄)を上演いたします。
詳細は下記をご覧ください。

第一夜

第1部「茶 壷」/第2部「呼 声」

第二夜

第1部「石山寺霊験」/第2部「伯母ヶ酒」

第三夜

第1部「瓜盗人」/第2部「長 光」

第四夜

第1部「石山寺霊験」/第2部「神 鳴」

第五夜

第1部「石山寺霊験」/第2部「竹生島詣」

第六夜

第1部「石山寺霊験」/第2部「薩摩守」

第七夜

第1部「蝸 牛」/第2部「口真似」

第八夜

第1部「濯ぎ川」/第2部「売 声」

第九夜

第1部「太刀奪」/第2部「石山寺霊験」

◇演目の流れ
第1部:午後6時開演 「狂言・狂言解説」
第2部:午後7時開演 「狂言・狂言解説」

監修 大蔵流狂言師 木村正雄
重要無形文化財総合指定保持者。父・政一および三世茂山千作に師事。狂言の普及と啓蒙に力を入れ、現代おける狂言の在り方にも一見識を持つ。
「京都学生狂言研究会」「京都大学狂言会」「同志社大学狂言会」「伊呂波会」を立ち上げ、現在まで指導を続けている。

2014年11月もみじライトアップスケジュール

下記は美しいもみじのライトアップと狂言のスケジュールになります。
※17〜20日、25〜27日は無料エリアのみご観覧頂けます。有料エリアには入場出来ませんので予めご了承下さい。

2014年11月もみじライトアップスケジュール
2014年11月もみじライトアップ案内図