石山寺 秋月祭

約2,000個の灯火が幻想的で幽玄な世界を醸し出します。

9月25日・26日・27日に開催される秋月祭では、硅灰石や国宝多宝塔などがライトアップされ、約2,000個の灯火が幻想的で幽玄な世界を醸し出します。
また、期間中は本堂にて源氏物語関連の催事や、様々なジャンルのイベントを行います。詳しくは下記スケジュールは下記をご覧ください。

パンフレットダウンロード

秋月祭の様子

石山寺秋月祭 イベントスケジュール

9月25日(金)

18時30分~19時20分

<第1部>源氏物語ひとり物語&能管演奏 会場:本堂

六嶋 由美子

◎六嶋 由美子

数多くの舞台経験から「ひとりものがたり」と名づけた独特な世界を展開する。主に日本の古典に題材をとり、自身の脚本で上演する。社会人講師として京都府内の小学校で授業を行うほか、宇治市文化センター主催の「源氏物語宇治十帖」朗読講座の指導を行い、青少年の古典文化啓発にも関わる。宇治市文化センター理事。宇治市生涯学習審議会委員。

野中 久美子(能管奏者)

◎野中 久美子(能管奏者)

能管を松田弘之(能楽笛方森田流)に師事。能管の独奏に加えて世界の様々な楽器や舞、朗読との共演も行う。富士山五合目・屋久島縄文杉・下鴨神社糺の森などの野外での演奏、神社寺院での奉納演奏、海外公演なども数多い。近年は能管の響きがもつ感覚性や情動性、力感から生まれる独自の創作曲に取り組んでいる。「風迢舎」主宰。

19時40分~20時30分

<第2部>歌謡曲コンサート 会場:本堂

フォークデュオ・ワルツフォークデュオ・ワルツ

フォークデュオ・ワルツ

2006年9月結成。やさしい人柄がにじみ出るそのステージは、静かな人気となっている。60年代~70年代の懐かしのフォーク、ポップス、スタンダード、スクリーン・ミュージックから最新のアニメソングまで、子どもから大人までの幅広いジャンルを中心に、県内外でプロ演奏活動中。病院や施設でのボランティアコンサートも行っている。

◎サチコ(村山 幸子)

作詞、作曲、ヴォーカル、ギター
艶のある、のびやかで透き通る歌声で魅了する。「千の風になって」は12年前から熊本で歌い続けている。

◎テツ(山川 哲)

作曲、編曲、ピアノ、シンセサイザー、ギター 他
シンセサイザーを駆使したサウンドと、その演奏テクニックでワルツサウンドをクリエート。

9月26日(土)

18時30分~19時20分

<第1部>アンデス民謡の歌と演奏 会場:本堂

アントニオ・カマケ(歌と民族楽器)

◎アントニオ・カマケ(歌と民族楽器)

ペルー出身。ルイス・ドゥンケル・ラパリェ音楽学校で本格的に音楽を学び、ペルーにて活動。1997年の来日以降、日本を拠点とし、ライブ、コンサート、イベント活動を展開し、現在ソロ活動を中心としつつ、ユニット「NAZCA」をプロジェクトし活躍の場を広めている。

パブロ・エルナンデス(ギター)

◎パブロ・エルナンデス(ギター)

メキシコ出身。ギター、チャランゴ、ベネズエラ・クアトロなど多数の楽器を演奏。世界各国での経験を生かした多彩なジャンルの融合により、国境を越えたワールドワイドミュージックとして高い評価を得ている。1991年に初来日し、演奏活動を続けている。

19時40分~20時30分

<第2部>フォークソングコンサート 会場:本堂

茶木 みやこ

◎茶木 みやこ

1971年ピンクピクルスでデビュー。その後ソロ活動開始。「一人の道」、TVドラマ「橫溝正史シリーズ」主題歌等多数の作品を発表。2001年音楽活動再開。斉藤ノヴ、桑名正博、石川鷹彦等と共演。ギターを抱え全国ライブツアーを展開。中国でもハンセン病チャリティーコンサートに参加。

高木 太郎(パーカッション)

◎高木 太郎(パーカッション)

メスカリン・ドライヴでプロデビュー。ソウル・フラワー・ユニオンに1997年まで在籍。ザ・サヴォイ・トラッフルで多くの海外ツアーを経験する。近年は桑名晴子、桑名正博、増田俊郎、茶木みやこらと共演し、ドラム、パーカッションを担当する。

9月27日(日)<中秋の名月>

18時30分~19時20分

<第1部>朗読 「現代京ことばによる源氏物語」『葵』 会場:本堂

高橋 しげ子

◎高橋 しげ子

京都出身。俳優養成塾、放送劇団「波」、劇団「テアトロ・トフン」を経て結婚のため札幌へ。北海道放送専属劇団へ入団、テレビ・ラジオに出演。その後上京。10年後札幌へ。2001年より「現代京ことばによる源氏物語」(中井和子訳)の朗読活動を始める。

<主な活動>
地元放送局のテレビ・ラジオ番組で「現代京ことばによる源氏物語」のトークと朗読。放送大学一般教育講座、道新文化センターの一日講座で講演と朗読。2008年 NHK教育テレビETV特集「私の源氏物語」に出演 他朗読活動多数。

朗読 : 高橋 しげ子 / 篠笛 : 福原 光篠
解説 : 新井 聖子

19時40分~20時30分

<第2部>中国琵琶演奏 会場:本堂

葉 衛陽(よう えいよう)

◎葉 衛陽(よう えいよう)

1992年に来日。京都教育大学大学院音楽教育専攻修士課程修了。関西を中心として演奏活動を行い、数多くの「葉衛陽中国琵琶リサイタル」を開催。繊細なテクニックを駆使して、古典曲から現代曲まで幅広く演奏し、高い評価を受けている。

さくら

◎さくら

1998年京都生まれ。3歳から父葉衛陽に中国琵琶を習い始め、9歳から演奏活動を開始。多くの舞台で演奏経験を積む。多数の国際コンクールに優勝。若手中国琵琶奏者として注目。葉衛陽との「親子中国琵琶の競演」が人気を博している。現在高校2年生。

お問い合せ先: 一般社団法人石山観光協会 / Tel:077-537-1105