琵琶湖から流れる唯一の川、瀬田川にかかる橋である。
昔より京への交通の要として存在している。
戦国期には、「天下に通じる橋」として武将達の争奪・兵火にさらされてきた。

 
レトロな外輪汽船「一番丸」で瀬田川船上観光をお楽しみいただけます。船上から、瀬田川周辺の名所観光や、お食事などが可能です。乗船港、料金、運行ダイヤなどは瀬田川リバークルーズHPよりご確認下さい。
 

 
 
正式には、岩間山正法寺と言い西国巡礼十二番目の札所である。
本尊の「千手観音像」は、俗に汗かき観音・雷除け観音と呼ばれ、開運・厄除けの観音様として名高い。

ここ幻住庵は俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の長い旅を終えた後、元禄三年(1960年)におよそ4ヶ月間仮住まいしたところ。
芭蕉は幻住庵からの眺めをこよなく愛し「石山の奥、岩間のうしろに山あり」で始まる有名な『幻住庵記』を綴った。庵記に「谷の清水を汲みてみずから炊ぐ。とくとくの雫を侘びて…」と記されている「とくとくの清水」が今も湧いている。

 
 
厄除けの観音様として有名。
弘法大師が、光を放つ立木に観音様を彫ったとされる。

 
石山寺周辺情報トップ | おみやげ | 泊まる | お食事 | 観光 | イベント | アクセス・お問合せ 
 
宗教法人 石山寺、一般社団法人 石山観光協会 提供:当HPに掲載の記事・写真および図版の無断転記を禁じます。。