西国三十三所草創1300年記念 第3弾 如意輪観音半跏像(知足庵蔵)特別公開

石山寺は西国三十三所観音霊場の一つで第十三番札所です。2018年に西国三十三所が草創1300年を迎えるにあたり、各札所では、2016年から5年間に渡って非公開のお堂や諸尊のご開帳など、特別拝観を順次行っております。

2018年11月3日(土)~12月2日(日)の期間、西国三十三所草創1300年記念 第3弾として、如意輪観音半跏像(知足庵蔵)の特別公開を行います。

石山寺の本尊は、二臂如意輪観音です。そのお姿は一般に知られる六臂(ろっぴ:六本の腕)の如意輪観音と異なり、二本の腕で左手は仰のけ、右手に蓮華を持つという石山寺独特の様式をとります。
石山寺 知足庵に伝わるこの像は、秘仏の本尊と同じ姿として造像された鎌倉時代の秀作です。光背の透かしも繊細で美しく、観音の慈悲が表されています。

イベント概要 一般参加可

開催期間 2018年11月3日(土)~12月2日(日)
時間 午前8時~午後4時(内陣へは午後3時45分までにお入りください)
会場 本堂内陣
入場料 500円(別途入山料600円が必要)

お問合せ

この行事に関するお問合せは、お電話にて承っております。詳しくはお問合せください。

大本山石山寺事務所(受付時間 午前9時〜午後4時30分)

閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR