石山寺ブログ

2011年12月30日石山寺ブログ

石山寺独特の鏡餅

毎年12月30日は、
鏡餅を飾り、注連縄を張る日です。
今朝早くから、境内118カ所に飾る鏡餅が用意されました。
お餅は、12月26日に境内でついたものです。
御本尊さまとお脇侍さまにお供えする鏡餅は、
石山寺独特のものです。
お餅とみかんを交互に重ねていき、
塔の形を模したものです。
20111230-2.jpg
こちらは御本尊さま用で、
直径約15cmのお餅とみかんを5段重ね、
その上にお餅を5段、お昆布とみかん、
手前に串柿を乗せます。
高さは43cmありました。
ちなみに、左手奥に見えるピンクの台形のお供えは、
貼仏供(はりぶっく)と言い、
これも石山寺にしかないお干菓子の供養菓子です。
(貼仏供は1年中お供えしています。)
20111230-4.jpg
お脇侍さま用は3段。
貼仏供も見えています。
20111230-3.jpg
本堂以外の諸堂用の鏡餅。
お餅2段の上にお昆布と串柿、みかんをのせます。
ところで、何故、塔の形を模した鏡餅なのでしょうか。
石山寺の御本尊さまである如意輪観音さまは、
如意宝珠を仏の姿にあらわした仏さまです。
如意宝珠の中心にはお釈迦さまの遺骨(舎利)が入っていることから、
舎利を納める塔(ストゥーパ)の形を模しているようです。
鏡開きは来年1月4日に行われます。

鏡餅が飾られると、次は境内各所に注連縄が張られました。
御神木の注連縄も新しいものに張り替えられました。
20111230-5.jpg
これで無事、新年を迎える準備が整いました。
本年も多くの方にお参りいただき、
ありがとうございました。
また、昨年以上にこのホームページやブログもご覧いただき、
心より御礼申し上げます。
今年は東日本大震災、原発事故、台風など、
つらく悲しいことが多くありました。
改めまして、被災されました皆さまに心からお見舞い申し上げますとともに、
犠牲になられた皆さまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
新しい年が、少しでも明るい年になることを願ってやみません。
1月1日は午前0時開門いたします。
(2日、3日は通常通り午前8時開門、午後16時30分閉門です。)
安産・福徳・縁結び・厄除けに霊験あらたかな観音さまと
年の初めにご縁を結んでいただき、
よいお年をお迎え下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::
初詣のご案内はこちら
:::::::::::::::::::::::::::::::::

rvcar 石山寺へのアクセス bus
======================
お問い合わせ
石山寺 Tel:077-537-0013
======================
駐車場のお問い合わせ
石山寺観光駐車場
Tel:077-534-1600
======================

前のページに戻る
閉じる
  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR