石山寺ブログ

2018年5月2日石山寺ブログ

光堂の内陣

4月28日から始まった「あお若葉(もみじ)の競演」には、
たくさんの方にお参りいただいています。

光堂周辺はヒラドツツジが綺麗です

光堂は近年に建立された比較的新しいお堂ですが、
鎌倉時代には同じ「光堂」という御堂があったという記録が残されています。

今回初公開の光堂本尊 阿弥陀如来坐像は、
鎌倉時代に存在した光堂の本尊であった可能性もある、
石山寺の歴史にとって貴重なお像です。

阿弥陀さまといえば、日本では親しみのある仏さまとしてよく知られています。
光堂の阿弥陀さまは、手に来迎印を結び、人々を極楽浄土に受け入れるお姿です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3軀の仏さまと一緒に光堂でお参りいただけるのは、
巨大な「浄土曼荼羅」のタペストリーと
パナマの先住民、クナ族の民族衣装に施された手芸、「モラ刺繍」による曼荼羅。

こちらの「浄土曼荼羅」は、
阿弥陀如来の仏国土「西方極楽浄土」の世界を描いたものです。
阿弥陀如来は、48の誓いを立てられ長い間思惟し、
この西方極楽浄土を建てられた仏です。
0
人は亡くなると阿弥陀如来の浄土へいくといわれます。
前方の蓮池の蓮の上には、
極楽浄土へ生まれ変わった往生者の姿が描かれています。

また、モラ刺繍の「曼荼羅」は、手芸作家の中山富美子さんが制作されたものです。
赤や緑がダイナミックな印象を与えてくれます。
石山寺の本堂にも中山さんによる参詣図が安置されています。
曼荼羅と原色の競演も、どうぞお楽しみください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ゴールデンウィークはまだまだこれから。
お仕事の方も、ひとやすみに石山寺へお越しください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

桜の時期やゴールデンウィークは、
石山寺周辺や駐車場が大変混み合います。
また境内が広く石段や坂道もあるため、
ご参拝にも時間がかかります。
ごゆっくりご参拝される場合は、
時間に余裕を持って、お早めにお出かけ下さい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆滋賀県大津市の古刹 石山寺・三井寺 あお若葉(もみじ)の競演
期間:2018年4月28日(土)~5月20日(日)

三井寺様との共通入山券は、
両寺の拝観受付の他、
大津駅観光案内所、
石山駅観光案内所、
坂本観光案内所、
びわ湖大津プリンスホテル
でも販売しております。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆春季石山寺と紫式部展
「石山寺と百人一首 ―源氏物語から藤原定家へ―」 (6月30日まで)

◆神仏霊場会発足10周年記念
「源氏物語の人形展」(淳浄館)入場無料
6月30日(土)まで

===================================

安産・福徳・縁結・厄除

石山寺 Tel:077-537-0013

===================================

石山寺周辺の観光情報

ボランティアガイドのお問い合わせ

石山観光協会 Tel:077-537-1105

===================================

駐車場のお問い合わせ

石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600

===================================

前のページに戻る
閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR