新型コロナウイルス感染症の対策について(1月4日更新) >

石山寺ブログ

2021年2月2日石山寺ブログ

星祭と豆まき

節分の本日、星祭を厳修しました。

人にはそれぞれ生まれた年の星があり、
それと一年の星の組み合わせをみて、
その年の吉凶を判断します。
暦の節目である節分には毎年、
一年のおひとりおひとりの星まわりがよりよいものになるように、
星祭大祈祷会を行います。

本年も本堂の不動明王さまの御前で、護摩祈祷を行いました。

ご祈祷のお申込みをいただきました皆さまには、
御札をお送りしますので、お手元に届くまでどうぞお待ちくださいませ。

節分といえば豆まきです。
一般的には「鬼は外、福は内」といって豆をまきますが、
石山寺では「鬼は外」とは言いません。
なぜなら、石山寺にとって鬼は良い存在だからです。

遊鬼境(ゆうききょう)

平安時代、石山寺には、経典や聖教の整備に尽力された、
朗澄律師(ろうちょうりっし)という方がいらっしゃいました。
「石山寺縁起絵巻」には、
朗澄さまが、「鬼となって聖教を守護する」という誓いを立てられ、
師の入滅後、弟子の行宴が金色の鬼となった朗澄律師の姿を見たとあります。
それ以来、今も朗澄律師は鬼のすがたで石山寺を守ってくださっているのです。
このことから、石山寺では豆まきの時も、鬼は外を言いません。
今日も「福は内、鬼も内」のかけ声とともに豆まきが行われました。

毎年5月には朗澄律師の遺徳を称える
青鬼まつり」が開催されています。
鬼のお姿の朗澄さんは、門前の庭園 遊鬼境(ゆうききょう)でお出会いできます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

新型コロナウイルス感染症の影響を受けられているすべての方々に、
心よりお見舞い申し上げます。
石山寺では、コロナ禍の早期終息を祈念して、
ご参拝の方々に観音さまのお力が行き渡るよう、
2月18日(木)より、十一面観世音菩薩さまの特別拝観を行う運びとなりました。

いま世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症の終息を願い、
ご参拝の方々にご縁を結んでいただけましたら幸いです。
詳しくはこちら↓

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

梅が咲き始める頃となりました。
今年も「梅つくし」を開催します。
境内3つの梅園と盆梅で、春の訪れを感じられます。
門前のお店での「梅のおもてなし」もお楽しみください。
詳しくはこちら↓

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

なかなか外出できない方へ、
石山寺を身近に感じていただけるページをご用意しました。
石山多宝くんによるおうちで取り組めるワークショップ、
「石山寺と紫式部展」の解説、Zoom背景ダウンロードなどを掲載。
これからコンテンツも充実していく予定です。↓

 

===================================

大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple

石山寺公式Twitter
https://twitter.com/Ishiyamadera_T

石山多宝くんTwitter
https://twitter.com/IshiyamaTaho

Twitterで公式キャラクター「石山多宝(いしやまたほう)くん」が誕生しました!
鎌倉時代、源頼朝公の寄進によって建立された石山寺の多宝塔が、
令和の世に公式キャラクター「石山多宝(いしやまたほう)くん」として動き出しました。
お花の情報など、多宝くんの視点でお知らせしていますので、
ぜひフォローしてあげてください。

===================================

安産・福徳・縁結・厄除

石山寺 Tel:077-537-0013

===================================

石山寺周辺の観光情報

ボランティアガイドのお問い合わせ

石山観光協会 Tel:077-537-1105

===================================

駐車場のお問い合わせ

石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600

===================================

前のページに戻る
閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR