新型コロナウイルス感染症の対策について(1月4日更新) >

滋賀県大津の古刹 石山寺・三井寺 あお若葉 もみじの競演

こちらの行事は終了しました

滋賀県大津の古刹 石山寺・三井寺 あお若葉の競演 ポスター

石山寺・三井寺共同開催。あお若葉 もみじの美しい季節、石山寺では特別公開の光堂にて三尊の特別公開やこの時期だけのボランティアガイドツアーなど、期間限定の特別企画を行ないます。
<開催期間 2021年4月29日(木・祝)〜5月16日(日)>

鮮やかな新緑の中、石山寺と三井寺では共同開催として「あお若葉の競演」と題し、期間限定の特別展示と各種おもてなしをご用意し、皆様をお出迎えいたします。
石山寺では光堂(特別公開)での阿弥陀如来坐像、大日如来坐像、如意輪観世半跏像の特別公開や、この時期だけのボランティアガイドツアーを開催します。期間中は特別公開「大津絵展~大津絵の筆のはじめは何佛~」を世尊院にて開催しております。
なお、石山寺界隈の店舗ではあお若葉にちなんだおもてなしもご用意しておりますので、石山寺参拝の際はあわせてお楽しみください。

行事概要 一般参加可

期間 2021年4月29日(木・祝)〜5月16日(日)
時間 入山時間:午前8時~午後4時
光堂拝観時間:午前9時〜午後4時(最終入場 午後3時30分)
入山料 600円(小学生は250円)
石山寺・三井寺 共通入山券 1,000円(通常価格 1,200円)
※期間中、各寺入山料がそれぞれ100円引きとなる共通入山券を販売しております。各寺志納所でお買い求めいただけます。
パンフレットダウンロード

特別公開/特別拝観

光堂(特別公開)での阿弥陀如来坐像、大日如来坐像、如意輪観音半跏像 特別公開

この時期だけ特別に公開される光堂の特別拝観。光堂本尊の阿弥陀如来坐像(鎌倉時代)、旧多宝塔の本尊と伝わる大日如来坐像(平安時代・重文)、淀殿寄進による如意輪観音半跏像(桃山時代)にお参りしていただけます。
光堂へ続く参道では、あお若葉のほか、キリシマツツジをはじめ、牡丹や芍薬、フジなど、境内を鮮やかに彩る花々も楽しめます。

拝観時間 午前9時〜午後4時(光堂は午後3時30分最終入場)
拝観料 500円
阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来坐像
光堂の本尊として安置される。鎌倉時代の作。来迎印を結び、人々を極楽浄土に迎える姿をとる。
大日如来坐像
大日如来坐像
旧多宝塔の本尊と伝わる、重量感のある金剛界大日如来坐像。
如意輪観音半跏像
如意輪観音半跏像
本堂の旧御前立像。淀殿の寄進により、慶長年間(1596~1615)に造像された。

光堂/記念御朱印

特別公開となる光堂は、鎌倉時代に存在したとされる「光堂」の再現として、平成20年(2008)建立された懸造の堂宇です。
光堂へ続く参道ではあお若葉のほか、つつじ、藤、牡丹などの花々も鮮やかに咲き、訪れる人を楽しませてくれます。

なお、期間中は記念御朱印として、多宝塔の本尊である金剛界大日如来の御朱印を本堂にて授与いたします。

光堂(特別公開)
光堂(特別公開)
記念御朱印
記念御朱印

特別公開

大津絵・鬼念仏立像
左:大津絵「松に鷲」 / 中央:大津絵「女虚無僧」 / 右:鬼念仏立像

大津絵展~大津絵の筆のはじめは何佛~

大津絵は江戸時代初期に、近江国追分を発祥とする民俗絵画。もとは佛画として信仰の対象でしたが、以降東海道を旅する旅人の土産、護符(お守り)として知られ、世俗画へと転じました。今回、石山寺が所蔵する大津絵のほか、珍しい立体像も展示されます。

開催期間 4月24日(土)~5月16日(日)
時間 午前9時~午後4時
会場 石山寺 世尊院

ボランティアガイドと巡る石山寺ツアー ~あお若葉の競演 特別版~

ボランティアガイドツアーの様子

専属ボランティアガイドによる境内を巡るツアーを行なっております。

新緑の清々しい空気の中、本堂(国宝)の内陣特別拝観、日本最古最美と言われる多宝塔(国宝)、この時期のみ公開される光堂を中心にご案内いたします。 ガイドの説明を聞きながら理解をしていただくことで、いい旅の思い出になると思います。

ボランティアガイドと巡る石山寺ツアー

プレミアムガイドツアー

あお若葉の競演 プレミアムガイドツアー「戦国からの復興」
<5月13日(木)/5月14日(金)限定開催・要予約>

石山寺・三井寺とも長い歴史の中で時代に大きな影響を受けたこともありました。今回はその中でも激動の「戦国時代」を乗り越えて復興した史実を中心にガイドツアーを開催します。
文禄四年(1595)豊臣秀吉の突如闕所(けっしょ)の命によりお堂が解体されたものの、そののち北政所によって再建された三井寺本堂。
天正元年(1573)足利義昭と織田信長の戦乱に巻き込まれ、そののち淀殿(秀吉側室)の寄進によって大修繕された石山寺。
大きな混乱を経ても今なお信仰をあつめる二つの寺を巡りながら、復興への勇気と癒しを感じていただければと思います。

開催日 Aコース:5月13日(木)/ Bコース:5月14日(金)
料金 9,800円(貸切バス代、拝観料、昼食代、ガイド料、企画料、消費税を含む)
定員 各日20名(先着順) ※最小催行人員は8名
問い合わせ先 びわ湖大津観光協会
TEL 077-528-2772(平日9:00~17:00)
詳細・申込方法はこちら
足利義昭が宿泊した三井寺山内の光浄院客殿(国宝)
足利義昭が宿泊した三井寺山内の光浄院客殿(国宝)
淀殿によって修繕された東大門に掘られた桐紋
淀殿によって修繕された東大門に掘られた桐紋

生命の息吹を感じる新緑と、美しく開花する境内の花々

4月29日(木・祝)〜5月16日(日)の期間中は、初夏の美しいあお若葉のほか、「花の寺」とも呼ばれる石山寺ではキリシマツツジ、フジ、牡丹などの花々も咲き誇ります。

多宝塔
多宝塔
本堂
本堂
参道のあお若葉
参道のあお若葉
参道のキリシマツツジ
参道のキリシマツツジ
紫式部像
紫式部像
境内のフジ
境内のフジ

あお若葉のおもてなし

期間中、石山寺の門前のお店では「あお若葉の競演」にちなんだメニュー、商品をご用意しています。お寺の拝観のあとに、ぜひお立ち寄りください。

本葛切り「若葉のころ」
水出し緑茶で冷やしたくずきり

<茶丈藤村>
水出し緑茶で冷やした本葛のくずきり はさっぱりとした涼味です。和三盆の蜜でお召し上がりください。
980円(税抜)

ホームページ
石餅 抹茶アイス添え
石餅 抹茶アイス添え

<叶 匠壽庵>
定番の名物「石餅」に若葉をイメージした抹茶アイスを添えてすっきりお召し上がりいただけます。
500円(税込)

ホームページ
あお若葉の競演 オリジナルティパック
期間限定パッケージのお茶

<川のいえ>
1,000円以上お買い上げの方に、「あお若葉の競演」オリジナルデザインの一煎パック1つプレゼント。煎茶・和紅茶・ほうじ茶からお選びください。

ホームページ
揚げみたらし 抹茶づくし
抹茶ソースたっぷりのあげみたらし団子

<ほたるの里>
あげみたらしの抹茶バージョン。風味豊かな抹茶だれをふんだんに絡ませ、抹茶パウダーを振りかけた品のある一品。
1本200円(税込)

ホームページ
翡翠和え(うざく)
新緑の茶そばセット

<志じみ釜飯 湖舟>
うなぎを木に見たて、あお若葉を表現したキュウリのジュレと土佐酢をジュレにしたうざく。新緑を感じる一品に仕上がりました。
1,100円(税込)

ホームページ
各店舗の詳細情報はこちら

青鬼まつり

5月16日(日)には、朗澄律師の遺徳をしのぶ青鬼まつりが開催されます。

石山寺屈指の学僧であった朗澄律師(ろうちょうりっし。1132~1209)の遺徳をしのぶお祭り。境内の杉の葉で作られた高さ5mを超える青鬼の像が建てられた東大門や、地元の子供たちによる青鬼太鼓、降魔招福の団扇の配布など、石山寺の新緑が鮮やかな初夏を代表するお祭りです。

詳しくはこちら
青鬼まつりの様子

重要文化財 維摩居士像・如意輪観音半跏像 特別拝観

4月29日(木・祝)~6月30日(水)の期間、重要文化財 維摩居士像・如意輪観音半跏像が公開されます。

公開するお像はどちらも重要文化財に指定されており、古来より石山寺に伝来する貴重なお像です。「幻の源氏物語絵巻」と呼ばれる、重要文化財『源氏物語絵巻』(複製)も同時にご覧いただけます。

また、「石山寺・三井寺 あお若葉の競演」開催期間中、光堂と本堂内陣どちらも拝観される方は、半券のご提示で拝観料が100円引きとなります。

詳しくはこちら
重要文化財 維摩居士像・如意輪観音半跏像

お問合せ

この行事に関するお問合せはお電話にて承っております。

一般社団法人石山観光協会(受付時間 午前10時〜午後5時)

閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR