2018年 春季 石山寺と紫式部展 「石山寺と百人一首 ―源氏物語から藤原定家へ―」

「百人一首」の歌人たちや撰者・藤原定家と石山寺、『源氏物語』とのかかわりとは
<開催期間 2018年3月18日(日)~6月30日(土)>

紫式部が参籠し『源氏物語』の構想を練ったという伝承が残る石山寺では、春と秋に石山寺の歴史や文化、ゆかりの紫式部と『源氏物語』にちなんだ展示を行っています。

今回は特に、日本の古典和歌の最も有名な詞華集であり、歌カルタとしても広く愛されて来た「百人一首」を取り上げます。その歌人たちと撰者・藤原定家が、石山寺や『源氏物語』とどのようにかかわっているか、という新しい切り口から見える百人一首像を、どうぞお楽しみください。

イベント概要 一般参加可

期間 2018年3月18日(日)~6月30日(土)
時間 午前10時~午後4時(入館は午後3時45分まで)
会場 石山寺豊浄殿(交通アクセスはこちら
休館日 「石山寺と紫式部」展開催期間中(3月18日〜6月30日)は無休。
滋賀県南部に暴風警報および特別警報が発令された場合は閉館することがありますが、午前11時までに解除された場合は正午より開館いたします。
入場料 一般(中学生以上) 300円(240円)/小学生 150円
  • 別途入山料が必要です。カッコ内は30名様以上の団体割引料金です。
  • 小学生の団体料金の取り扱いはありません。

主な展示品

<◎=重要文化財>

  • 観音菩薩立像(白鳳時代)
  • 大日如来坐像(平安時代)
  • 如意輪観音坐像(平安時代)
  • 「石山寺縁起絵巻」(文晁本)第一・三・四・六巻 谷文一ほか筆(江戸時代)※期間中一部展示替えあり
  • 「源氏供養表白」(平安時代)
  • 「古今和歌集 巻二断簡(高野切)」(平安時代)
  • 「時代不同歌合絵巻断簡」(室町時代)
  • 「紫式部源氏歌留多」歌川豊国筆(江戸時代)
  • 「紫式部・小野小町図」山田意誠筆(江戸時代)
  • 「石山要記」尊賢僧正筆(江戸時代)
「源氏物語図屏風・乙女」狩野養信筆(江戸時代、六曲一双のうち左隻) 写真
「源氏物語図屏風・乙女」狩野養信筆(江戸時代、六曲一双のうち左隻)
「紫式部源氏歌留多・手習」歌川豊国筆(江戸時代) 写真
「紫式部源氏歌留多・手習」歌川豊国筆(江戸時代)

ワークショップ 「和歌を書こう!」

ワークショップの詳細は3月上旬よりこちらでご案内いたします。

イベント概要

開催日 2018年4月14日(土)
時間 午後1時30分〜午後3時30分

教育旅行向け特別企画「紫式部ゆかりの石山寺で『源氏物語』を学ぶ」のご案内

教育旅行に限り、石山寺豊浄殿入館料無料(入山料別途必要)でご観覧いただける特別企画を行っております。この機会にぜひご利用下さい。

お問合せ

この行事に関するお問合せは、お電話にて承っております。詳しくはお問合せください。

大本山石山寺事務所(受付時間 午前9時〜午後4時30分)

石山寺と紫式部展 一覧

閉じる
  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR