石山寺ブログ

2010年1月21日石山寺ブログ

1000年を超える昔より続く安産の祈り

石山寺は安産にご利益があるお寺として、
多くの方にお参りいただいております。
平安時代、皇族や藤原氏を始めとする貴族らが、
こぞって石山寺に詣で、縁結びや安産を祈りました。
良縁に恵まれ、無事丈夫な子どもを出産することは、
子孫繁栄、ひいては国家安泰につながるためです。
「石山寺縁起絵巻」を見ると、
皇族や貴族とその女房達の、
石山寺に対する厚い信頼がわかります。
膨大な数の経典や聖教を有した学問の寺であったことも、
信頼を得た理由の一つです。
石山寺での安産の祈りは、1000年を超える昔より続いています。
20100121-1腰懸石.jpg 20100121-2腰掛石.jpg
腰掛石。
本堂から多宝塔へ向かう途中の、
経蔵(きょうぞう)の横にあります。
校倉造の建物が目印です。
最近は、戌の日にお参りにこられる方が多くなりました。
以前は、ご都合の良い日や大安などに帯をもらいにきて、
妊娠5か月目の戌の日に帯をあてていました。
石山寺では、安産祈願は戌の日だけでなく、
毎日受け付けております。
ご都合の良い日に、お越し下さい。
——————————————————–
安産・福徳・縁結びなど諸祈願のご案内はこちら
お問い合わせ・ご予約:077-537-0013(石山寺)
——————————————————–
昨日のブログの写真を見やすい写真に更新しました。

前のページに戻る
閉じる
  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR