石山寺ブログ

2010年7月29日石山寺ブログ

平城遷都1300年祭へお越し下さい

20100729-1.jpg  石山寺縁起絵巻第1巻第3段
今年は平城遷都1300年にあたる記念の年ということで、
奈良では、平城遷都1300年祭が行われています。
石山寺は、
東大寺大仏造立に使用する黄金の不足を憂いた聖武天皇の勅願により、
東大寺初代別当良弁僧正が開基されたお寺で、
奈良とは深いかかわりがあります。
そこでこのたび、平城遷都1300年を記念し、
奈良と滋賀の深いかかわりを知っていただこうと、
石山寺とその周辺の魅力や観光情報を発信する石山観光協会が、
聖武天皇ゆかりの地である信楽の信楽町観光協会と共同で、
平城宮跡 交流広場内 交流ホールに出展することとなりました。
期間は8月1日、2日、3日の3日間。
残念ながら「石山寺」を会場へ持っていくことはできませんが、
石山寺の魅力と貴重な宝物などを下記のようにご紹介いたします。
たくさんの方のご来場をお待ちしております。
暑い時期ですが、ぜひ、お越しください。

◆信楽町観光協会・石山観光協会 共同出展◆

日時:平成22年8月1日(日)、2日(月)、3日(火)の3日間
     9時から16時30分まで(1日は17時30分まで)
会場:平城宮跡 交流広場内交流ホール
    (まほろばステージの横です)
   
   会場へのアクセスや地図などは、
   平城遷都1300年祭公式ホームページをご覧ください。
    平城遷都1300年祭.jpg ←こちらをクリック
入場料:無料
内容(石山観光協会ゾーン)
〈主な展示〉
石山寺蔵 重要文化財「本尊如意輪観世音菩薩胎内仏 菩薩立像」(複製)
20100729-2.jpg  ※四躯の胎内仏さまは、現在本堂内陣に安置しております。
石山寺蔵 重要文化財「石山寺縁起絵巻」第1巻(複製)
石山寺蔵 重要文化財「袈裟襷文銅鐸」(複製)
石山寺蔵「源氏物語図屏風」(複製)
石山寺 国宝多宝塔模型
石山寺境内と四季の花のパネル
ロボット「MURASAKI」
 一昨年の源氏物語千年紀の際、
 世界的に有名なロボットクリエーター・高橋智隆さんの手により
 誕生した「MURASAKI」。
 伝統と先端技術の融合が織りなす美をご覧下さい。
 流れるような美しい動きにも注目です。
石山寺秋の行事のご紹介
 (秋季「石山寺と紫式部展」、秋月祭、もみじライトアップ)
〈体験コーナー〉
十二単の着付け体験(料金:500円)
信楽町観光協会ゾーンも、
紫香楽宮と陶都信楽の魅力をたっぷり紹介されます。
(会場に入って左側が信楽町観光協会ゾーンで、
 右側が石山観光協会ゾーンです。)
20100729-3.jpg おおつ光ルくん
会場では、3日間、
大津市観光キャラクター おおつ光ルくん(石山寺在住)と
信楽のマスコットキャラクター ぽんぽこちゃんが
みなさまをお待ちしています。
平城遷都1300年のマスコットキャラクター せんとくんも
遊びにきてくれるそうですよ。
会場となる平城宮跡は、大変暑いそうです。
くれぐれも熱中症にお気をつけて、万全の対策でお越しください。
なお、都合により内容が変更になることもございますので、
あらかじめご了承ください。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
お問い合わせ
石山観光協会 Tel:077-537-1105
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

前のページに戻る
閉じる
  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR