石山寺ブログ

2018年12月12日石山寺ブログ

仏さまが戻ってこられました

先日、大津市歴史博物館の企画展「神仏のかたち」から
仏さまが戻ってこられました。

持国天立像
増長天立像

本堂内陣の毘沙門天の両脇の持国天(じこくてん)さん、増長天(ぞうちょうてん)さんは、
それぞれ東方・南方を守護する仏さまです。
北方守護の毘沙門天、西方守護の広目天と合わせて「四天王」と呼ばれます。
(石山寺には広目天さんはおられません。)

こちらのお像は、平安時代後期の作で重要文化財に指定されています。
増長天さんは、創建当初はお顔が緑色、髪の毛は赤色だったそうです。
近くでお姿を見ると、当時の色彩や截金文様が残されていることがわかります。

 

吉祥天立像

こちらの吉祥天(きちじょうてん)さんも、今回出陳されていた中のお一人です。
吉祥天は毘沙門天の妻とされており、
石山寺の毘沙門堂にも別のお像が安置されています。
福徳や美を司る女神であり、美人の代名詞としても引用されます。
現在では他の仏さまと比べるとあまり知られていないかもしれませんが、
奈良時代には「悔過(けか)」という罪を懺悔する法要の本尊としても信仰されていました。
未指定ではあるものの、平安時代の色彩が残る大変優美な姿のお像です。
本堂内陣でお参りいただけます。

そして、石山寺の仏さまの中でも人気が高い、
多宝塔 金剛界大日如来さまもこの度帰ってこられました。
多宝塔の窓から中を覗いてお参りいただけます。
(一般の写真撮影はご遠慮いただいております)
大日如来さまは、真言密教の宇宙の真理を表す仏であり、
金剛界曼荼羅の中心に位置する仏さまです。
お像の頭部内に「アン(梵字)阿弥陀仏」と墨書銘があり、
そう名乗っていた頃の仏師 快慶の作であることがわかっています。

「如来」とはすでにさとった仏のことで、
ふつう如来像は大仏さまのような簡素な姿
(装飾をつけないシンプルな衣、螺髪など)として表されますが、
大日如来は髪を高く結い上げ、宝冠をかぶって装身具をつけています。
これは、大日如来が密教の中心となる仏であるからといわれています。

長らく出張に行かれていた仏さまは、
お寺に戻ってほっと一息つかれているかもしれませんね。
おかえりなさい!

***************************************************

第1梅園の通行止めが解除されました。
第2梅園などは、台風の被害により
引き続き通行止めとさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

===================================

安産・福徳・縁結・厄除

石山寺 Tel:077-537-0013

===================================

石山寺周辺の観光情報

ボランティアガイドのお問い合わせ

石山観光協会 Tel:077-537-1105

===================================

駐車場のお問い合わせ

石山寺観光駐車場 Tel:077-534-1600

===================================

前のページに戻る
閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR