お知らせ

2019年7月17日お知らせ

石山寺御本尊 勅封如意輪観世音菩薩 御即位御吉例 御開扉について(第一報)

当山では天皇陛下の御即位を祝して、
令和2年(2020)に勅封御本尊 二臂如意輪観世音菩薩の御開扉を行う運びとなりました。
日程は下記の通り執り行います。

御開扉  令和2年(2020)3月18日(水)午前中 その後、一般公開

御閉扉  令和2年(2020)7月1日(水)午後 ※一般公開は6月30日(火)まで

会 場  石山寺 本堂

石山寺は天平19年(747)、聖武天皇の勅願により良弁僧正が開基され、
古来より多くの信仰を集めてきた観音霊場です。
本尊である二臂如意輪観世音は一丈六尺(約5メートル)の大きさで、
作品としては平安時代後期の作であり、重要文化財の指定を受けています。
三十三年目の相当の年、並びに天皇御即位の翌年に勅封本尊観世音扉を開き、
玉体安穏、宮中安全、国運隆昌、世界平和を祈願する大法要を執行する恒例となっています。

皇室のご関係により往古から天皇の御帰依も厚く、御歴代天皇の御行幸幸啓いただいております。

平成28年(2016)には三十三年に一度の本尊観世音の御開扉が行われ、
次回の御開扉はその三十三年後である2049年になる予定です。
来年の御開扉には、たくさんの方に観音さまとご縁を結んでいただけましたら幸いです。

前のページに戻る
閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR