新型コロナウイルス感染症の対策について(1月4日更新) >

石山多宝くんの「おうちで紫式部展」

2021年3月13日石山多宝くんの「おうちで紫式部展」

【番外編】おうちで特別拝観 「十一面観世音菩薩―変化観音と慈悲の仏―」

2月18日から本堂での特別拝観
「十一面観世音菩薩―変化観音と慈悲の仏―」が始まったのじゃ

これは西国三十三所草創1300年記念事業の一環でもあり
この度のコロナ禍の終息を願って行われる特別拝観なのじゃ

『観音経』によると、
観音さまは三十三の姿に化身して衆生を救済されるのじゃ

仏像として表されるお姿は「六観音」もしくは「七観音」といった、
六~七種類の観音さまのお姿がメジャーなのじゃ

その中の一種類が
十一面観世音菩薩(十一面観音さま)なのじゃ

今回公開している十一面観音さま

西国三十三所でも色々なお姿の観音さまがいらっしゃるのじゃが
西国だと十一面観音さまがご本尊なのは
金剛宝寺さん、長谷寺さん、観音寺さん、六波羅蜜寺さん、中山寺さん、華厳寺さんなのじゃ

今回はおうちでお楽しみいただけるよう

特別拝観 「十一面観世音菩薩―変化観音と慈悲の仏―」

のことをお話しますのじゃ!

石山寺でお参りいただける十一面観音さまは、
等身大で穏やかな表情を浮かべておられるのじゃ

もともとは湖北のほうにおられたと伝わっておる

平安時代に作られたのじゃが、
頭の上の十一面は後世の修理によるものじゃ

それでは、
十一面観音さまという仏さまのことをご紹介しますのじゃ

  十一面観音とは  

十一面観音とは、文字通り
頭の上に十一のお顔を持つ仏さまなのじゃ

観音さまは様々な姿に変身して衆生を救済するのじゃ

十一面観音というのも観音菩薩の変化身の一つなのじゃ

「十一面」というのは、観音さまの頭の上にある小さいお顔のことじゃ

「十一面」とは
仏面1面、菩薩面3面、瞋怒面3面、狗牙上出面3面           暴悪大笑面1面
             

 

このように、
仏面1面(ぶつめん:悟ったもののお顔)、
菩薩面3面(ぼさつめん:善良な人に楽を与える穏やかな慈悲のお顔)、
瞋怒面3面(しんぬめん:邪悪な人を戒めて仏道へ向かわせるお顔)、
狗牙上出面3面(くげじょうしゅつめん:牙を出して行いの清らかな人を励ますお顔)、

そして後ろ!
暴悪大笑面1面のあわせて11面なのじゃ!

この暴悪大笑面(ぼうあくだいしょうめん)は、
後ろにあるためお参りいただいても目にすることはできなのじゃが
衆生の悪行を大笑いをして滅するというお顔なのじゃ

このように様々なお顔をお持ちなのじゃな~

『十一面神呪心経』というお経には
前三面を慈悲相、左三面を瞋怒相、右三面を白牙上出相、
後一面を暴悪大笑相、頂上一面を仏面にする、とあるのじゃ

特別拝観中、この『十一面神呪心経』も公開されるのじゃ

  十一面神呪心経とは  

石山寺の『十一面神呪心経』は、お寺に伝わる一切経4644帖199巻のうちのひとつじゃ

石山寺一切経は奈良時代から室町時代にかけてまとめられたもので、
校倉聖教という聖教類と併せて重要文化財に指定されているのじゃ

公開日は3/6~21のみなのじゃ!

このお経には十一面観音さまの像容のほかに、功徳について説かれているのじゃ

十一面観音さまの功徳には「十種勝利」「四種功徳」というものがあるのじゃ

十種勝利(現世での御利益)
病気にかかりにくい
あらゆる仏に受け入れられる
財産や食べ物に困らない
怨敵から害されない
貴い人が慰労してくれる
毒薬や呪いから逃れられる
一切の凶器による害を受けない
溺死しない
焼死しない
不慮の事故で若くして亡くならない

 

四種功徳(臨終の際の御利益)
臨終の際、あらゆる仏さまと出会える
地獄・餓鬼・畜生には生まれ変わらない
早死にしない
今生のあとに極楽浄土に生まれ変わることができる

あまり知られていないことなのじゃが、
十一面観音さまの第一のご利益は
病気にかかりにくい(離諸疾病、身常無病)」ということなのじゃ

お参りに来られたら、ぜひご縁を結んでいただきたいのじゃ

ちなみに・・・

観音さまの功徳が記された『観音経』は
正式には『妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五』という経題(タイトル)なのじゃ

その中にある「普門(ふもん)」とは、「あらゆる方向に顔を向けた仏」という意味なのじゃ

十一面観音は、まさにそれを表した姿なのじゃ

あらゆる方向に顔を向けているから、より多くの人の苦しみや悲しみに気づくことができるのじゃ
すべての衆生を済度するという観音の広大な慈悲が表されているのじゃ

***

さて、今回も【番外編】として
「十一面観世音菩薩―変化観音と慈悲の仏―」をご紹介したのじゃ

おうちでゆっくりお楽しみいただけたなら幸いじゃ

「石山寺と紫式部展」は、今季(2021年春季)は
改修工事のためお入りいただけませんのじゃ
楽しみにしていただいている方には申し訳ないのじゃが
もう少しお待ちくださいませなのじゃ

だんだんと春らしくなってきたのじゃ
石山寺では今、梅が見頃なのじゃ
早咲きの桜も咲いてきておる
皆さまもくれぐれもご自愛の上お過ごしくださいなのじゃ

前のページに戻る
閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR