【重要】6月1日からの石山寺の拝観について(5月26日更新) >

石山多宝くんの「おうちでワークショップ」

2020年5月22日石山多宝くんの「おうちでワークショップ」

おうちでワークショップ「文香づくり」

皆さまこんにちはなのじゃ

石山寺では新緑が美しい季節なのじゃ

無憂園ではキショウブが咲いておる
花だより」もチェックしてみてほしいのじゃ

 

さて、今日ご紹介するのは、

\文香づくり/

なのじゃ!

文香(ふみこう)というものを知っておるかの?

お手紙にしのばせ、相手に香りを届けることができるアイテムなのじゃ

石山寺は平安時代の女流作家に人気だったことが知られておるが

平安貴族も衣に香を焚きしめ、文に花を添え、香りの交換をしておったのじゃ

 今日は石山寺のワークショップ文香のつくり方をご紹介するのじゃ

 

文香は匂い袋の一種なのじゃ

お寺のワークショップでは香木を砕いたものを使うのじゃが

お香を包んだものや、アロマや香水をしみこませたもの

なんでもいいのじゃ

その香りを、和紙(なければ折り紙や普通の紙)で挟むだけ、簡単にできるのじゃ

 

 用意するもの

・香り(お香、お線香、アロマ、香水などなど)
・包む紙(和紙や折り紙など)
・紙を切る道具(はさみやカッターナイフなど)
・のり

 香りのもとを用意するのじゃ

お香やお線香は砕いてティッシュで包むといいのじゃ

 次に、「香り」を包む紙を用意するのじゃ

 紙に絵を描いたり、メッセージを書いたりするのもいいのじゃ

紙は2枚の違う紙を貼り合わすのもよし、一枚の紙を折るのもよしなのじゃ

今回は前回つくった消しゴムはんこを使ってみたのじゃ!

 紙の裏側に「香り」を置いて、周りにのりを付けるのじゃ

 貼り合わせれば完成じゃ!

思ったよりも簡単に作れるのではないかの

最近は色々な紙があるので、たくさんの種類の文香がつくれると思うのじゃ

いつもはメールを送るあの人に、文香を添えてお手紙を書いてはいかがかな?

前のページに戻る
閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR