【重要】6月1日からの石山寺の拝観について(5月26日更新) >

冬の花だより

2020年1月29日冬の花だより

梅だより(1)・桜だより(1)

今年は暖かく、例年より早く梅や桜が開花してきています。
本日より「梅だより」「桜だより」をお届けしますので、
どうぞチェックしてみてください。

🌸梅だより

現在、石山寺の梅は咲き始めです。

《第1梅園「薫の苑」》


第1梅園「薫の苑(においのその)」は、
石山寺の中興の祖である第3代座主 淳佑内供(しゅんにゅうないく)の
お住まいであった「普賢院」の跡に作られた梅園です。
境内の古木を集めて作られた梅園で、
例年は第2・第3梅園よりも開花が遅いのですが、


今年はこのように見事に咲き始めています。
月見亭を見上げるこの景色は、毎年素晴らしいです。

《第2梅園「東風の苑」》

第2梅園「東風の苑(こちのその)」は、
淳佑内供のお祖父さまである菅原道真公の

東風ふかば にほひおこせよ 梅の花
あるじなしとて 春な忘れそ

という和歌にちなんだ名前がつけられた梅園です。



こちらは梅の木をいろいろな方向から楽しめる梅園です。
遠くから見るとまだまだ咲いていないように見えますが、
枝に近づくと、かわいらしい花が開いているのがわかります。

《第3梅園「水仙の苑」》

第3梅園は光堂や紫式部像の周辺に位置し、
梅本来の自然な姿が見られるよう工夫された梅園です。


高い木の上のほうはもう鮮やかなピンクに染まっています。


梅園の名前の由来となった、白い水仙も咲き始めです。

※梅園の場所は、境内マップでご確認ください※

 

🌸桜だより

紫式部像周辺、早咲きのカンザクラが今年も咲き始めました。
こちらの桜を見ると、春はもうすぐだと勇気づけられます。
これから4月にかけて、色々な種類の桜が見られるのが楽しみです。

***********************

「梅つくし」は2月18日から3月18日まで開催いたします。
境内の三つの梅園と盆梅で、
めいいっぱいに咲く梅をお楽しみいただけます。
詳しくはこちらから↓

**************************************************

その年の気候や諸条件によって、見頃の時期は変わってきます。
お花のご案内は、随時このブログで更新しますので、
お出かけの際は、ご参考にしていただけましたら幸いです。

**************************************************

こちらでもお花の情報を発信しています。

大本山 石山寺 Ishiyamadera Temple

石山寺公式Twitter
https://twitter.com/Ishiyamadera_T

前のページに戻る
閉じる

石山寺公式SNS

石山観光協会SNS

  • JP
  • EN
  • zh-CN
  • zh-TW
  • KR